글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일어일문학회 > 일어일문학연구 > 22권 0호

일본어 의문문 인토네이션의 생성과 지각 - 한국인 일본어 학습자를 대상으로 하여 -

The Production and Perception of Intonation of Japanese Interrogative Sentences by Korean Learners of Japanes

민광준(Kwang Joon Min)

- 발행기관 : 한국일어일문학회

- 발행년도 : 1993

- 간행물 : 일어일문학연구, 22권 0호

- 페이지 : pp.29-51 ( 총 23 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,300
논문제목
초록(외국어)
とする日本語學習者(以下, 韓國語話者)に日本語疑問文イントネ-ションの生成實驗と知覺實驗を行い, その結果を日本語話者について行った同樣の實驗結果と比較した. その結果, 次のことが明らかになった. 第一に, 日本語話者は日本語のWH疑問文とYN疑問文を明瞭に區別している. WH疑問文では述語が獨立したイントネ-ション句として機能せず, 文全體が一つのイントネ-ション句に結合されるのに對して, YN疑問文では述語が獨立したイントネ-ション句として機能しており, このような特徵は述語の基本周波數曲線に明瞭に現れている. ところが, 韓國語話者の發音では兩疑問文の區別がまったく行われていない. まず, 韓國語話者の發音に現れた兩疑問文の特徵は次のようである. すなわち, 名詞句のアクセントがすべての被驗者において中高型になっており, 無アクセント方言の韓國語話者にとって 特に, 鼻子音ではじまる頭高型の語の發音がむずかしいようである. 次に, 韓國語話者の發音では述語の最終モ-ラだけが垂直的に上昇している. これは, 韓國語の干涉現象であるように思われる. つまり, 韓國語の文末上昇調の疑問文では最終音節だけが垂直的に上昇するのが一船的であり, 韓國語話者によくみられる, 「行きますか」をikimasu「ka↑のように, 「ありますか」をarimasu「ka↑ のように發音する現象が母語の干涉の代表的な例である. 第二に, 合成音聲による知覺實驗の結果, 日本語話者は述語始端における韻律境界の强さを手がかりにして兩疑問文を明瞭に區別しているのに對して, 韓國語話者は述語始端における韻律境界の强さを兩疑問文を區別する手がかりとして利用できないということがわかった. 以上で述べた韓國語話者における日本語疑問文イントネ-ションの生成および知覺上の問題点は被驗者の日本語學習歷の長短とは無關係に共通している. 結論的にいって, 文の文法構造とイントネ-ションの關係は日本語能力が高くなるにつれて自然に習得されるような性質のものではなく, 日本語學習の初期段階から體系的な敎育および學習が必要である.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일어일문학회
  • - 간행물 : 일어일문학연구, 22권 0호
  • - 발행년도 : 1993
  • - 페이지 : pp.29-51 ( 총 23 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-006475379
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-2552
  • - 수록범위 : 1979–2020
  • - 수록 논문수 : 3115