글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일어일문학회 > 일어일문학연구 > 61권 1호

韓國語話者の發音に見られる促音の脫落について

소성창자 ( Koshiro Akiko )

- 발행기관 : 한국일어일문학회

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일어일문학연구, 61권 1호

- 페이지 : pp.1-16 ( 총 16 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,600
논문제목
초록(한국어)
韓國語母語話者の日本語學習者の發音における促音脫落(促音が脫落しているように聞こえる現象)に關する調査を行い、生起要因について考察を行った。その結果は以下のようである。韓國語には、發話に見られる區切り、ひとまとまりのリズム單位말토막(語や句のまとまり)がある。(이1989)。말토막は<强勢の置かれた音節一つ=核>+<その前後のいくつかの弱音節>から構成され、單語が말토막の場合、CVCという重音節が强勢音節=核になりやすい。このため、例えば日本語のCVQ+CV(○っ○)やCVQ+CV+CV(○っ○○)、CV+CVQ+CV(○○っ○)という音節構造では、CVよりも重いCVQに强勢をおいて發音しやすいので促音を實現しやすい。一方、CVQ+CVN(○っ○ん)やCVQ+CVR(○っ○―)という第二音節に撥音や長音を含む構造では、CVQもCVN/CVRも重音節であるので、いずれもCVQに强勢を置いた場合は問題ないが、何らかの理由でCVN、CVRが核になる場合は、音聲的に强く長くなることで第一音節CVQが相對的に弱音節として短く實現され、促音が脫落して聞こえるのではないかと考えられた。これを踏まえ、調査1(無意味語)と調査2(有意味語)を行った。(1)調査1では、4モ一ラで音節構造の異なる無意味語『たったた』『たたった』『たったん』『たった一』を發話した韓國語話者3名の發音の持續時間を分析した結果、『たったん』『たった一』で促音脫落が觀察された。(2)調査2では、有意味語の促音語66語を音節構造により5タイプ(①CVQ+CVN②CVQ+CVR③CVQ+CV+CV④CV+CVQ+CV⑤CVQ+CV)に分類し、これらを含む200字以內の文を韓國語話者6名が朗讀、その發話をもとに日本語話者3名が促音の脫落、非脫落を判斷する調査を行った。その結果、6名ともタイプ③~⑤より、①~②において脫落していると判斷された語數が多かった。(3)脫落と判斷された發音の持續時間を分析し、日本語話者に脫落と認識されるパタンの分類を行った。この結果、閉鎖持續時間が短いことだけでなく、促音以外の音節が長くなること、先行母音が短いこと、アクセントの影響などにより、脫落と判斷されることを指摘した。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일어일문학회
  • - 간행물 : 일어일문학연구, 61권 1호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.1-16 ( 총 16 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2008-730-002569223
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-2552
  • - 수록범위 : 1979–2020
  • - 수록 논문수 : 3115