글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일어일문학회 > 일어일문학연구 > 61권 1호

照應における『制限,非制限』の構文構造

남미영 ( Mi Young Nam )

- 발행기관 : 한국일어일문학회

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일어일문학연구, 61권 1호

- 페이지 : pp.73-89 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(한국어)
本稿では、まず、現代日本語における『制限·非制限』という槪念を再檢討という形で探ってみた。要するに、『制限』というのは修飾部が主名詞をグル一プ分け、その主名詞は不特定の指示對象として示されるものと規定し、『非制限』というものは修飾部が主名詞を單に特徵づける。その主名詞は特定の指示對象として示されると規定した。そもそも、現代日本語の主名詞を一つのグル一プとして限定するものは制限用法で、主名詞のグル一プ分けではなく情報を付加するものが非制限用法である。主名詞と修飾部の意味特性という要因を排除しても、主名詞に關わる限定、すなわち、『制限·非制限』と分かれる意味制約が機能している。このような問題に着目して考察すると、まず、主節述語によって『制限·非制限』が分かれるという論を立てることができる。さらに、日本語の連體修飾節の『制限.非制限』を硏究するには連體修飾節だけでは不十分で複文全體を考察の對象にしないといけないという結論に천ることになる。それから、さらに日本語の照應における名詞の表れ方は、主に語彙レベルで決められ、先行文で指示對象になった名詞ならば、大體の場合、無標の照應で表すことができる(例外として、總稱指示を表す名詞群や形式名詞群など必ず有標の照應で表される場合もないわけではない)。しかし、制限·非制限という構文レベルからみると、必ずしも、語彙レベルにとどまっているとは言えない。例えば、制限用法の場合、固有名詞を除くと、大體の普通名詞は有標の照應でないと同定することはできず、不自然な文になってしまうのである。結論としては、照應における名詞の考察を通して、連體修飾節の制限/非制限用法は意味領域だけではなく、構文構造でも明らかにその相違点があるということがわかる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일어일문학회
  • - 간행물 : 일어일문학연구, 61권 1호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.73-89 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2008-730-002569187
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-2552
  • - 수록범위 : 1979–2020
  • - 수록 논문수 : 3115