글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일어일문학회 > 일어일문학연구 > 61권 1호

補助動詞『くる』の意味と用法について

동소현 ( So Hyun Dong )

- 발행기관 : 한국일어일문학회

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일어일문학연구, 61권 1호

- 페이지 : pp.91-105 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(한국어)
本稿では、補助動詞として使われる移動動詞『くる』の意味と用法について述べた。まず本動詞『くる』と補助動詞『くる』が連續線上にあることを確認した上、本動詞の原型を提示してその意味要素のいずれかを欠くものを硏究對象に決めた。本動詞とは違って補助動詞の『くる』が時間的な意味を表すと主張した先行硏究を踏まえつつも文法化の連續體的な變化過程に着目し、空間槪念から時間槪念へのメタファ一が『くる』の文法化において主な動因として동くという前提のもとで、空間領域の『くる』が時間領域へと文法化していく過程を段階ごとに述べた。補助動詞『くる』は次第に物理的な空間移動という語彙的意味を失って、先行動詞にダイクシスを付加する機能を果たすようになるが、その過程で話者の視点への心理的な接近と共に『ここ=いま』という寫像が起こり、空間領域から時間領域へのシフトが行われると考えられる。その後、過去から現在またはある基準時までの狀態の持續を表す『くる』の用法からその狀態の完結が類推され、その結果、新たな狀態の出現や生起、また狀態の變化という意味が生じると思われる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일어일문학회
  • - 간행물 : 일어일문학연구, 61권 1호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.91-105 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2008-730-002569172
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-2552
  • - 수록범위 : 1979–2020
  • - 수록 논문수 : 3115