글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일어일문학회 > 일어일문학연구 > 76권 2호

일본문학(日本文學),일본학(日本學) 편(篇) : “오키나가타라시히메(息長帶比賣)命” 전승 속의 “다케우치스쿠네(建內宿니)”

日本文學,日本學 篇 : 「息長帶比賣命」傳承の「建內宿니」

최유경 ( Yu Kyung Choi )

- 발행기관 : 한국일어일문학회

- 발행년도 : 2011

- 간행물 : 일어일문학연구, 76권 2호

- 페이지 : pp.155-171 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(외국어)
「オキナガタラシヒメ」の周邊人物中で、傳承成立助力した人物、特に「タケウチスクネ(建內宿니)」の步みを?っていって、ある時期にどのような形で結びつけられて「オキナガタラシヒメ」傳承に編入されることができたのか考察しようと思った。「古事記」「仲哀記」では「オシクマ(忍熊)王とカゴサカ(香坂)王の謀逆」の部分を除いて、1·2次の託宣部分から應神天皇の계と酒樂歌の部分まで「タケクチスクネ」だけが助力者で登場している。これに比べて「日本書紀」は多樣な人物らを出現させることによって傳承に活力を吹き입んでいる。本稿は「タケウチスクネ」の300年という長壽記錄を、「古事記」と「日本書紀」の中でその一族が勢力を鳴り響かせた時間だと理解する。つまり、仁德天皇は「タケウチスクネ」について「..汝こそは世の遠人 汝こそは國の長人...」と語っているが、とれは「タケウチスクネ」が言葉通り長壽したという話ではなく、彼が300年という長い間, 勢力を張ったということを示すメタファ―だと思う。「タケウチスクネ」は一、成務天皇と同日に出生して、「オキナガタラシヒメ」の傳承で「オキナガタラシヒメ」の助力者として活躍した葛城臣の祖である者、二、天皇家の外祖で蘇我巨の祖である者、そして 三、仁德天皇と同日に出生した平群臣の祖である者が、各各の時代に活躍して、彼ら一族の祖先や, その一族が崇めた人物に對する敬稱として「タケウチ」を使っただろうと推察してみる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일어일문학회
  • - 간행물 : 일어일문학연구, 76권 2호
  • - 발행년도 : 2011
  • - 페이지 : pp.155-171 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-730-001738278
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-2552
  • - 수록범위 : 1979–2020
  • - 수록 논문수 : 3115