글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일어일문학회 > 일어일문학연구 > 76권 2호

일본문학(日本文學),일본학(日本學) 편(篇) : 『겐지 모노가타리(源氏物語)』의 한국어역 -김난주(金蘭周)역 『겐지 이야기』를 중심으로-

日本文學,日本學 篇 : 「源氏物語」の韓國語譯 -金蘭周譯「ゲンジイヤギ」を中心に-

한정미 ( Chong Mi Han )

- 발행기관 : 한국일어일문학회

- 발행년도 : 2011

- 간행물 : 일어일문학연구, 76권 2호

- 페이지 : pp.173-195 ( 총 23 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,300
논문제목
초록(외국어)
本稿は、「源氏物語」の韓國語譯を、底本と文體、卷名·人物名·地名などの固有名詞の表記、和歌と引歌の飜譯、草子地の飜譯、敬語の飜譯などを分析することによって、金蘭周譯「ゲンジイヤギ」の特徵と問題点について考察してみたものである。洗練された文體と卷名の由來に近い飜譯、卷名の意味と由來についての說明、語句解說と引歌を卷末に收錄し、韓國讀者の理解に役立てた点などは金蘭周驛「ゲンジイヤギ」の特徵と言えよう。しかし、金蘭周譯「ゲンジイヤギ」は、瀨戶內寂聽の現代語譯をそのまま韓國語に譯した点で、寂聽譯の抱えている問題もそのまま金蘭周譯「ゲンジイヤギ」の問題に繫がるしかないであろう。そのため、金蘭周も「譯者のエピロ―グ」で、日本語の言語遊戱を充分生かせなかった点、底本が瀨戶內寂聽譯「源氏物語」とはいえ、現代の日常で使われる日本語ではない点、數數の古語、服飾に關する用語など、現代の韓國語に譯せない難しい用語、引歌における古語、主語が明確ではない文章などを、飜譯の難關として提示してはいるが、何よりも誤譯と欠落を無くし、和歌の音數律、歌枕の?譯、敬語の飜譯など、テキストの意味·內容に卽したより充實な飜譯は解決すべき問題点と言わざるを得ないだろう。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일어일문학회
  • - 간행물 : 일어일문학연구, 76권 2호
  • - 발행년도 : 2011
  • - 페이지 : pp.173-195 ( 총 23 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-730-001884880
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-2552
  • - 수록범위 : 1979–2020
  • - 수록 논문수 : 3115