글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본근대학회 > 일본근대학연구 > 11권 0호

중세 무가사회의 유부녀상, 4 -『헤이케』의 小宰相, 巴, 維盛의 처를 중심으로-

감영희

- 발행기관 : 한국일본근대학회

- 발행년도 : 2005

- 간행물 : 일본근대학연구, 11권 0호

- 페이지 : pp.13-31 ( 총 19 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(외국어)
『平家』の人妻たちは、助役でありながら戰亂期를を生き拔いた妻たちを代表する女性たちであった。小宰相は貞節の妻像を、巴は文學的な素質の上に描かれた女人像として、女性軍役の實例を見せてくれたことで、時代的特性がよくあらわれた愛妾像を、維盛の妻には、正妻及び母親として女性を眺める日本の中世武家社會の典型的な人妻像が사かれる。當時、階級社會の展開とともに女子だけに一人の夫に仕える道德が强制されながら、多妻制を認定する反面、女性の性生活は結婚生活のみで公認された。多妻制を認定から把握するということは、夫の權力がそれほど强くなったということを意味するが、當時、夫婦は主從同然という思考方式が一般化されていたことは『平家』の妻たちの姿を通じて把握できる。また、日本女性に對する抑壓と差別が現われてきたのは武家社會からのことであるというが、まず武家では夫に對する妻の從屬がみられるし、『平家』の妻たちは皆そのような時代的特性をよく現われている。なお、武家でも性關係は相當開放的であったらしいが、人妻に對しては貞操の守ることをつよく要求していたことが分かることができる。武士と庶民を比較してみると、武士の方がもっときびしかったことが分かるが、武家では一夫一妻制を指向していたと知られているが、妾をもつことは否定されなっかたし、ただ定婚の妻は一人であるということが重要であったことが 『平家』の妻たち通じて確認できる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본근대학회
  • - 간행물 : 일본근대학연구, 11권 0호
  • - 발행년도 : 2005
  • - 페이지 : pp.13-31 ( 총 19 페이지 )
  • - ECN :
  • - UCI : I410-ECN-0102-2012-830-002982417
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1229-9456
  • - 수록범위 : 2005–2018
  • - 수록 논문수 : 1035