글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본근대학회 > 일본근대학연구 > 29권 0호

경어, 敬語와 젠더표현, 表現에 관한 일고찰, 一考察 -근·현대 일본소설에 나타나는 용례를 중심으로-

오영아

- 발행기관 : 한국일본근대학회

- 발행년도 : 2010

- 간행물 : 일본근대학연구, 29권 0호

- 페이지 : pp.39-47 ( 총 9 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

4,000
논문제목
초록(외국어)
日本語の特徵は敬語體系を備えており、敬語形態は多樣であるが、複雜であると言え、男性語と女性語に區別され、非常に體系的である。言語使用の違いは多樣な分野で現れているが、そのなかで文末表現の特徵を、近代小說に現れている用例を中心に、敬語行動から現れる心理的要因、社會的役割の違い、狀況的要因について女性語と男性語の敬語行動からも現れているかを見てみることにした。, 1終助詞の場合女性語、男性語、中性的部分とに分けられることがわかる。, 2命令表現である場合普遍的に男性が多く使用していると言え、敬語を使用する場合命令表現という感じより、丁寧で距離感があることがわかる。, 3助動詞の場合意味に關する接續型が續く時ジェンダ―とは關係なく全て使用できる。上の內容は社會的役割の違いや狀況的要因、心理的要因などによっても丁寧度が違ってくることが分かるが、丁寧度の問題はジェンダ―に局限された問題ではなく、丁寧度を維持するためには、相手の領域をおかさずに話し手の謙讓を表さねばならず、日本語の言語行動から、男女差が社會的な價値を持っているというは、日本語とジェンダ―の問題が、深い關連性を持っていることを表していると言える。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본근대학회
  • - 간행물 : 일본근대학연구, 29권 0호
  • - 발행년도 : 2010
  • - 페이지 : pp.39-47 ( 총 9 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-830-002626349
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1229-9456
  • - 수록범위 : 2005–2020
  • - 수록 논문수 : 1122