글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본근대학회 > 일본근대학연구 > 29권 0호

韓國人學習者に見られるコトニナッタとヨウニナッタの誤用文

竹內則晶

- 발행기관 : 한국일본근대학회

- 발행년도 : 2010

- 간행물 : 일본근대학연구, 29권 0호

- 페이지 : pp.87-100 ( 총 14 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

4,900
논문제목
초록(외국어)
韓國人學習者が日本語で作文をする時、間違いやすい形式がある。例えばにコトニナルもその一つだ。コトニナッタが用いられるところにヨウニナッタが用いられる誤用文がしばしば見られる。何故誤ってしまうのか本稿では誤文分析を行った。まず、これは誤用例の多さから個人的な過ちというより母語である韓國語の影響を受けた可能性が高い。そこでコトニナルとヨウニナルが韓國語ではどのように對應しているのか韓日對照を試みた。その結果、やはり韓國語の게 되다との對應が兩者を混同させる原因となっていることを確認した。次にコトニナルとヨウニナルを文法面から檢討をしたが、その際コトニナルとヨウニナルが表す變化に注目し、その變化が一回性のものなのか、それとも繼續するものなのかという点から兩者の違いについて述べた。ヨウニナルは一回きりの變化ではなく、その變化が持續しなければならないし、過去形, ヨウニナッタで用いる時は變化することが決定したのではなく、實際に變化が起っていなければならない。一方、コトニナルは基本的に一回きりの變化であり、變化することが決定したことを表す。しかし、韓國語の게 되다はコトニナルとヨウニナルの兩方の內容を表すため、韓國人學習者はヨウニナルに上記のような使用條件があることを理解しないまま用いてしまうのだと考えられる。この点を理解し、敎授することでヨウニナッタの誤用は無くなるのではないかと思われる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본근대학회
  • - 간행물 : 일본근대학연구, 29권 0호
  • - 발행년도 : 2010
  • - 페이지 : pp.87-100 ( 총 14 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-830-003023579
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1229-9456
  • - 수록범위 : 2005–2020
  • - 수록 논문수 : 1122