글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본근대학회 > 일본근대학연구 > 29권 0호

完全名詞の不完全形容詞化

中村伊知郞

- 발행기관 : 한국일본근대학회

- 발행년도 : 2010

- 간행물 : 일본근대학연구, 29권 0호

- 페이지 : pp.101-124 ( 총 24 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,900
논문제목
초록(외국어)
本稿は、辭書において名詞として品詞認定がされている語彙が、「不完全形容詞」、つまり所謂形容動詞として「な」の形で連體修飾をする現象について考察した。日本語の形容動詞にかかわる品詞認定の問題は、現在でも結論に至っていないが、本稿では、まず、先行硏究として形容動詞の品詞認定にかかわる論爭と、連體修飾の「の」に關する先行硏究を槪觀した。次いで、連體修飾の「の」が「な」に變わってきている最近の現象から、修飾語においてはそれが客觀的またはデジタル的な場合に、また非修飾語においては可視可觸的な場合には「の」が選擇されやすく、修飾語が主觀的またはアナログ的な場合や非修飾語が不可視不可觸的な場合には「な」が選擇されやすいとの予測を立て、釜山在住の日本語ネイティブ敎師と東京にある私立大學の學生を對象に語感調査を實施した。その結果、辭書の品詞認定よりも「な」への支持率が高く現れ、歸納的結論としては予測を支持するものとなった。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본근대학회
  • - 간행물 : 일본근대학연구, 29권 0호
  • - 발행년도 : 2010
  • - 페이지 : pp.101-124 ( 총 24 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-830-002882903
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1229-9456
  • - 수록범위 : 2005–2020
  • - 수록 논문수 : 1122