글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본근대학회 > 일본근대학연구 > 29권 0호

일한 번역의 번역투 고찰 ―수동표현 번역문을 중심으로―

오경순

- 발행기관 : 한국일본근대학회

- 발행년도 : 2010

- 간행물 : 일본근대학연구, 29권 0호

- 페이지 : pp.163-181 ( 총 19 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(외국어)
飜譯スタイル, translationeseは、國內外でまだ本格的に硏究されていない未開拓硏究分野である。飜譯スタイルが問題になるのは、質の低い飜譯と可讀性との關係のためであるが、飜譯スタイルによる表現は韓國語の語法に合わず、不自然で難しいので、讀者の可讀性を妨げることにもつながる。このような問題意識から出發した本稿は、飜譯スタイルを質の低い飜譯のある一つの形態と規定し、日語日文學と國語國文學、また飜譯學の學問の境界をこえた統合的見解と思考によるアプロ―チで、學制間, interdisciplinary硏究として飜譯スタイルの問題を日本語式後置詞を中心に取り扱った。硏究方法としては、飜譯スタイルの槪念と機能を槪觀し、飜譯スタイルと誤譯の違いを日韓飜譯文の實例を擧げ、比較·考察する。そして受身表現の飜譯文と飜譯スタイルの問題を集中的に分析し、飜譯スタイルが生じる要因を分析し、實例ごとに飜譯スタイルをなくしたり減らすことができる代案となる飜譯例示を提示した。これは、從來の硏究とは差別化された具體的な試みである。韓國語と日本語は言語構造の類似性が多いが、異質性も存在する。一般的に韓日兩言語が似ているという先入觀のため、飜譯過程で兩言語の文法構造と語法、語用論的特徵、慣用語法、文脈などを考慮しない「一對一」對應の直譯の方法は、若干の飜譯の誤りおよび質の低い飜譯スタイルに繫がりやすい。その結果、讀者の可讀性を妨げる否定的要因として作用すると思われる。したがって、飜譯スタイルをなくしたり減らすことができる代案や方法論は、より質の高い飜譯出版物の生産にも繫がるため、飜譯家や飜譯敎育者、そして飜譯學硏究者が早急に解決すべき重要な硏究課題であると言える。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본근대학회
  • - 간행물 : 일본근대학연구, 29권 0호
  • - 발행년도 : 2010
  • - 페이지 : pp.163-181 ( 총 19 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-830-002982684
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1229-9456
  • - 수록범위 : 2005–2020
  • - 수록 논문수 : 1122