글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 고려대학교 글로벌일본연구원 (구 고려대학교 일본연구센터) > 일본연구 > 12권 0호

三島由紀夫と大衆消費文化 -「自動車」「可哀さうなパパ」を中心に-

홍윤표

- 발행기관 : 고려대학교 글로벌일본연구원 (구 고려대학교 일본연구센터)

- 발행년도 : 2009

- 간행물 : 일본연구, 12권 0호

- 페이지 : pp.267-292 ( 총 26 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,600
논문제목
초록(외국어)
日本において、一九六○年代初期は、安保の運がまり、高度成長を謳歌していた時期である。そして、一九六四年には、後最大のイベントである東京オリンピックが開催され、その準備でがしい時期でもあった。このように全的な流れだけにれてみても、この時代を生きた日本人は、大きな値の化をしたであろうと推測できる。また、この時代は、日本に大衆消費社が定着していった時期でもある。一九五○年代後半から、白テレビ、冷庫、洗濯機など、いわゆる 「三種の神器」が、各家庭に普及され、日本人の生活パタンをえていった。それでは、この時期の三島のテクストは、どのような傾向であったのか。この素朴な問いにする答えは、一九六二年から一九六三年の間の短編から見つけることができる。本論文では、一九六二年から一九六三年の間に表された三島の短編を考察し、三島の大衆消費文化にする認識を論じた。特に、「自動車」と 「可哀さうなパパ」を主要な究の象とし、高度成長期の大衆消費社がもたらした、「モノ」による人間性の喪失について考察した。「自動車」も 「可哀さうなパパ」も、「モノ」と 「人間」にするテキストであり、「モノ」が 「人間」を表象することについて語っている。「自動車」には、中年のサラリマンである九鬼が感じる、非現的な感が描かれている。その非現感は、世代の差からる感であり、大衆消費文化がもたらす感でもある。大衆消費社において、人間のり所が、「自動車」のような 「モノ」であるという事實が、人間を不安定な存在とするのである。一方、「可哀さうなパパ」には、「モノ」が、人間のイメジを形成することが表されている。そして、「モノ」により、形成されたイメジは、實體のないものであり、崩するしかないイメジである。このテキストは 「モノ」が人間を代弁する、大衆消費社に疑問を表すテキストとしてむこともできるだろう。この兩テキストからみ取れるように、大衆消費社にする三島の認識が、その後の彼の文を方向付けたと考えられる。意味のない 「モノ」からは、り所を見つけられず、三島には、絶的なり所が必要だったのではなかろうか。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 고려대학교 글로벌일본연구원 (구 고려대학교 일본연구센터)
  • - 간행물 : 일본연구, 12권 0호
  • - 발행년도 : 2009
  • - 페이지 : pp.267-292 ( 총 26 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-830-002862654
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 반년간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1598-4990
  • - 수록범위 : 2002–2018
  • - 수록 논문수 : 464