글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국외국어대학교 일본연구소 > 일본연구 > 27권 0호

한ㆍ일 유비쿼터스 정책 비교와 u-Japan 발전 방향

韓日のユビキタスの政策比較とu-Japanの發展方向

김윤호

- 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소

- 발행년도 : 2006

- 간행물 : 일본연구, 27권 0호

- 페이지 : pp.25-41 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(외국어)
最近世紀の情報通信パラダイムに定着されているユビキタスの槪念は韓國と日本を 含めた主要先進國でも21世紀の國家經營の核心で浮刻されている。これによってユビキ タス戰略は單純に分野に局限された技術的の槪念ではなく現代國家の當面課題の解 決、國家社會システムの革新と最適化、國民生活の質向上など望ましい世紀知識情報 社會實現のための最適代案として位置づける。 本硏究は韓日間の比較硏究を通じてU-Japan戰略の方向性を拔き出すのた。韓日間の インタ一ネット及び情報化水準を比べた後、韓日間のユビキタス具現の主要環境と戰略 を比べる主要要因として政策推進動向政策基本方向推進主體硏究開發方向などを設 定して、韓日間のユビキタス政策具現の戰略的な違いを論議を盡くした。これを元で日 本の分析を通じて望ましいU-Japan戰略を提示した。結論的に、日本が年世 界最尖端國家として世界を先導するためのU-Japan戰略は後と一緖に片付く。一番目、日本の强みと外部機會を活かすために“Made in Ubiquitous Japan”商品と して世界經濟をリ一ドする新市場を創出しなくてはいけない。二番目、日本の弱味と外 部機會を活かすために生活者中心のサ一ビス提供を目標に提示しなくてはいけない。三 番目、日本の强みと外部脅威に對處するために各種通信規制緩和及び外國人投資環境が 組成しなくてはいけない。四番目、日本の弱味と外部脅威によろしく對處するために各 種の個人保護法律强化及び社會的共感帶形成が必要で、全國土が均衡的に發展する共 生のユビキタス環境作りをしなくてはいけない。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소
  • - 간행물 : 일본연구, 27권 0호
  • - 발행년도 : 2006
  • - 페이지 : pp.25-41 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2017-830-000385812
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 수록범위 : 1985–2020
  • - 수록 논문수 : 1341