글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국외국어대학교 일본연구소 > 일본연구 > 27권 0호

20세기 일본 연극과 셰익스피어의 만남

20世紀の日本演劇とシェイクスピアとの出會い

최충희

- 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소

- 발행년도 : 2006

- 간행물 : 일본연구, 27권 0호

- 페이지 : pp.135-147 ( 총 13 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,300
논문제목
초록(외국어)
國際化の時代を迎えて世界各國の文化交流が頻繁に行われているのが事實である。その中で演劇を通しての文化交流も活發に行われている。 特に20世紀に入ってからは一國にとどまっている文化が見付からないほど國際交流が 頻繁に行われている中で、演劇を中心としてその交流に一端を探ってみるのも意味ある ことであろう。それで、本稿ではシェイクスピアというイギリスの劇作家の演劇作品を通 して世紀の日本演劇との交流實體を把握するのに目的がある。單純な把握にとどまら ず日本演劇とシェイクスピアの作品の間に發生する相互テキスト性と相互文化性を中心 とした實際的な交流樣相を把握するのに重点がある。 まず、全體的な樣相を把握するために日本に入ったシェイクスピア作品の歷史を考察 してみた。 次は、シェイクスピア作品の日本への導入に深く關わった坪內逍遙とシェイクスピア との交流の實體を考察した。 次は、日本の傳統的な演劇である歌舞伎、文樂とシェイクスピアとの關係を考察した。 以上の分析の結果、シェイクスピアの作品は20世紀の日本文學に至大な影響を及ぼし ていることが分かった。特に日本の傳統文芸の改良運動にもかなり影響をおよびそてい ることがわかった。文樂の場合は直接交流というよりは實際の交流のきっかけはみつか らないが、かなり似たような要素があることがわかった。一般的に文化の交流というが、 直接交流のない時代、場所でも相互テキスト性や相互文化性がうかがえるということを 把握することが出來た。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소
  • - 간행물 : 일본연구, 27권 0호
  • - 발행년도 : 2006
  • - 페이지 : pp.135-147 ( 총 13 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2017-830-000385872
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 수록범위 : 1985–2020
  • - 수록 논문수 : 1341