글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국외국어대학교 일본연구소 > 일본연구 > 27권 0호

고구려지명의 지명어미에 대하여

高句麗地名の地名語尾について

이인영

- 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소

- 발행년도 : 2006

- 간행물 : 일본연구, 27권 0호

- 페이지 : pp.148-166 ( 총 19 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,900
논문제목
초록(외국어)
從來、『三國史記』地理誌記載の高句麗地名は、一方では日本語と、もう一方では新 羅語と關係があると指摘されている。高句麗地名にみえる兩面性をどう說明するかが課 題のひとつだったといえる。本稿では九つの高句麗地名の地名語尾をとりあげて個別的 に考察した。特に注目したのは地名語尾吐堤の對應である。吐堤の對應は新羅 地域に次のような用例がみえるからである。 漆?縣本漆吐縣景德王改名今漆園縣券三十四新羅 漆吐縣は伽倻國が位置していた地域に隣接しており、「高句麗地名的」と指摘した 推良火一云三良火から近いところに位置している。地名語尾「吐」は「北方地名 語尾」あるいは新羅名として硏究者の觀点によって違っているが、この地域にどのよ うな理由で高句麗地名的な地名語尾吐が存在しているかについてはこれまで注目し なかった。歷史の記錄の上では高句麗がこの地域に進出したという根據は見つからな い。したがって、高句麗地名ひいては高句麗語という槪念はより廣い觀点から解釋する 必要がある。高句麗語という槪念では百濟と高句麗、そして伽倻と日本をつなぐ言語の ル一トを合理的に說明することが難しいからである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소
  • - 간행물 : 일본연구, 27권 0호
  • - 발행년도 : 2006
  • - 페이지 : pp.148-166 ( 총 19 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2017-830-000385887
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 수록범위 : 1985–2020
  • - 수록 논문수 : 1341