글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국외국어대학교 일본연구소 > 일본연구 > 27권 0호

일본어 재귀용법 연구 -「신체부분」의 대격보어와 동사와의 관계를 중심으로-

日本語の再歸用法について 身體部分の對格補語と動詞との關係を中心に

권승림

- 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소

- 발행년도 : 2006

- 간행물 : 일본연구, 27권 0호

- 페이지 : pp.167-184 ( 총 18 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,800
논문제목
초록(외국어)
本稿は、身體名詞と動詞との組合わせで表す再歸用法を動詞の形態と名詞の意味特徵を基準に、その類型を分類し、類型の特徵を分析したものである。再歸用法の形態的·意味的類型は次の通りである。[1]他動詞を取るタイプ [A]身體名詞+他動詞[-□-/-e-]系列 : 手をたたく、手をあげる、息を吐く、氣持を押さえる [B]身體名詞+他動詞[-s-/-as-]系列 : 腕をまわす、息を切らす、思いをめぐらす [2] 使役形動詞を取るタイプ [C] 身體名詞+ 使役形 [-ase-]系列 : 目を走らせる、視線をはずませる、心を踊らせる 他動詞を取るタイプの場合、他動詞の形態素·意味特徵の違いにより、[A] [-□-/-e-]系列と[B] [-s-/-as-]系列に下位分類した。使役形動詞を取るタイプは[C][-ase-]系列に分類した。[A]系列と[C]系列は[B]系列を中間タイプとし形態的連續性を見せ、 意味的にも連續性を表している。兩タイプは、他動詞あるいは使役形動詞と身體名詞 の對格補語との組合わせで再歸性を表すという共通点を有する。しかし、他動詞文と使 役文とはその事態成立の有り樣、すなわち、動作主あるいは使役主と對象あるいは被使 役者との間の力動的な關係において大きな違いを見せている。それは、動作主あるいは 使役主が行爲の對象となる身體名詞をどのような形で、どの程度の强さで制御しているのか、という点から見ると、それぞれ、他動詞文と使役文の本來の姿を見せているとい うことである。 再歸用法の類型分析を通じ、その下位タイプが分類された他、その結果から他動詞文 と使役文の根本的な違いについての議論も再度檢證されたことになる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소
  • - 간행물 : 일본연구, 27권 0호
  • - 발행년도 : 2006
  • - 페이지 : pp.167-184 ( 총 18 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2017-830-000385892
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 수록범위 : 1985–2020
  • - 수록 논문수 : 1341