글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국외국어대학교 일본연구소 > 일본연구 > 28권 0호

日本の少子高齡化對策における公私役割分擔と性別役割分業

日本の少子高齡化對策における公私役割分擔と性別役割分業

정미애

- 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소

- 발행년도 : 2006

- 간행물 : 일본연구, 28권 0호

- 페이지 : pp.141-163 ( 총 23 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,300
논문제목
초록(외국어)
日本では80年代に「日本型福祉社會」論の下で世帶單位の「男性稼ぎ主」型が强化されたが, 90年代に入ってからは「男性稼ぎ主」型から中立し, 家族的責任をもつ男女の就勞を支援する「兩立支援」型への志向が展望されている。すなわち, 新日本型福祉社會あるいは參加型福祉社會への轉換が圖れており, 社會福祉政策の基調が世帶單位から個人單位へと變化しつつある。本稿では日本の社會福祉政策の變化に最も影響を及ぼした社會的要因である少子高齡化に焦点をあわせ, 少子高齡化に伴う社會福祉サ一ビスの供給における公私役割の變化をジェンダ一視点に立って考察する。まず, 福祉政策の變化を日本型福祉社會から參加型福祉社會への變化に焦点をあて檢討し, その變化の理論的背景として福祉多元主義についてみる。ついで, 福祉サ一ビス供給主體の多樣化と公私役割分擔の觀点から, 少子化對策としての保育サ一ビスと高齡化對策としての介護サ一ビスにおける公私關係と女性勞動の現況を調べる。育兒と介護は, 「傳統的家族」モデルにおいて女性の最も重要な役割として位置づけられており, 育兒と介護というケア勞動が社會でどのように行われいるかを明らかにすることによって, 日本の福祉政策の「型」を明らかにすることができるからである。硏究の結果, 日本では育兒·介護サ一ビスにおける公私役割分擔が行われている中で公的サ一ビスは減少している一方, 私的部門は營利·非營利部門を問わずその比重が增加していることが確認できた。その中で女性は營利部門では動き手として, 非營利部門ではスタッフやボランティアとして福祉サ一ビス提供の最も重要な擔い手であることがわかった。ところが, 社會福祉サ一ビス分野で動く女性は非常勤が多く, 不安定な雇用狀態におかれている。また, 非營利部門では專業主婦を中心に主に社會福祉分野で活動している。以上から福祉多元主義, 參加型福祉社會の下で行われている公私役割分擔とは, 福祉における公的責任の私的部門への轉嫁という形で展開しており, それは女性の不拂い勞動や安上がり勞動を「活用」し, その上に成り立っていること, すなわち, 性別役割分業を固定化する勞動のジェンダ一分化に基づいているといえる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소
  • - 간행물 : 일본연구, 28권 0호
  • - 발행년도 : 2006
  • - 페이지 : pp.141-163 ( 총 23 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2017-830-000386011
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 수록범위 : 1985–2020
  • - 수록 논문수 : 1341