글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국외국어대학교 일본연구소 > 일본연구 > 33권 0호

동화장치로서 『보통학교수신서(普通學校修身書)』의 ``축제일(祝祭日)``서사

朝鮮總督府 發刊 同化裝置として『普通學校修身書の』``祝祭日``敍事

김순전 , 박경수

- 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일본연구, 33권 0호

- 페이지 : pp.29-50 ( 총 22 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(외국어)
近代日本において, 祝祭日をはじめ國家的な公式行事は傳統という名の下に天皇のイメ一ジと一國民情緖作りのための手段として新しく創出されたことであった。特に國家儀禮としての祝祭日を通じて, 天皇の主宰するすべての祭祀の體系や國旗の象徵化は, 民衆の間で國民的に力强い共感帶を形成する重要な要素として位置づけられ, 精神的にも一體感を持つように動いた。近代國民國家に編入されて帝國主義へ, さらに帝國主義からミリタリズムへと擴がっていく過程で, これらすべてのことは敎科書を通じて植民地朝鮮の兒童敎育にそのまま移植された。そしてこうした理念敎育は朝鮮人の身體と精神世界までを支配して, 後世にも大きな影響を及ぼされたことが分かる。國民統合のための手段として變容された祭りを通じて, 植民地の朝鮮支配の過程で遂行された學校敎育は, 愚民化を根幹として懷柔による融化を經て皇民化で完結される朝鮮人の身體と精神の隷屬化政策だったと言えよう。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소
  • - 간행물 : 일본연구, 33권 0호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.29-50 ( 총 22 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2017-830-000386804
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 수록범위 : 1985–2019
  • - 수록 논문수 : 1299