글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국외국어대학교 일본연구소 > 일본연구 > 33권 0호

우네메(采女)의 제도적 역할과 문학적 전승

采女の制度的役割とその文學傳承

신선향

- 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일본연구, 33권 0호

- 페이지 : pp.53-72 ( 총 20 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(외국어)
采女は, 諸國の郡領以上の家の女性の中でより容貌端正な者が擇ばれて, 中央宮廷に奉仕したのである。彼女らは, 天皇の最側近の立場で古代宮廷社會の中心的存在となった。そのことは日本書紀, 古事記に散見する采女關連記事や, 万葉集などに載っている和歌からも推察できる。ここで, 采女の發生と, 固有の役割と活躍, 歷史的な發展と衰退のあとをたどり, それが傳承文學の上にどのように反映されているかを考察しようと思う。采女の始原は, 地方のそれぞれの國造家の女性が大和朝廷に貢進されて, 宗敎的に中央の神の下に地神を服屬しようとする試みに見いだすことができる。つまり, 服從や贖罪を誓うための人身貢進として獻じられた采女が, やがて大化の改新以後には, 大和朝廷の政治力の强化によって, 制度として定着したのである。奈良朝にその最盛期を迎えた采女は, 漸次本來の性格が變化し始める。采女は, 發生當初には古代巫女として神事を執行し, 神妻として天皇の最側近で動く間, 時には皇子や皇女を生む例もあって, こうした采女を犯すことが嚴しく禁じられていた。それと對して, 律令制が確立された世紀以後には, 天皇とそれに服屬する豪族との間を結ぶという本來の性格はもはや重視されなくなり, 采女は新制度の中で, 單なる下級女官として位置づけられてしまう。しかし, 貢進される時点にすでに地方の信仰のみならず地方の風俗歌をも宮廷に導入したと推定される采女は, ある意味では古代の中央と地方の文化交流の擔當者だったとも言えよう。万葉集が廣げて見せる多樣多層の世界からも, そのような采女の活躍が讀み取れる。文學の中に造型されている采女像を檢討してみると, 采女の地位の歷史的な變化が, ある種の예りを落ちたことが確かめられる。采女を素材として成立したいくつかの傳承歌や說話などに見られる采女像は, 靜的な回想の對象として現れたり, 悲戀物語の主人公として哀悼されている。しかし, 消極的な素材や內容とはいうものの, 采女をめぐる傳承文學は後後まで多樣な形に變奏されながら日本文芸の中に再生産されている。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소
  • - 간행물 : 일본연구, 33권 0호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.53-72 ( 총 20 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2017-830-000386819
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 수록범위 : 1985–2019
  • - 수록 논문수 : 1299