글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국외국어대학교 일본연구소 > 일본연구 > 33권 0호

紫の上物語から大君物語へ -「源氏物語」正篇と續篇の有機性の一端-

紫の上物語から大君物語へ -「源氏物語」正篇と續篇の有機性の一端-

이미숙

- 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일본연구, 33권 0호

- 페이지 : pp.73-94 ( 총 22 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(외국어)
本稿は 『源氏物語』正編の紫の上物語と續篇の大君物語との關わりを檢討し, 『源氏物語』全篇の有機性の一端を考察してみた論である。從來このことについては, 紫の上の結婚生活から培われた作者の結婚に對する不信の念が大君の獨特な愛情觀に影響を及ぼしたという藤村潔の指摘などがなされてきた。しかし, 紫の上と大君という二つの女物語の主題の繼承は作者論の觀点からではなく, テキストの分析から究明されるべきだと思われる。そこで本稿では, 物語における紫の上の晩年の心境の內實を分析し, その心境と大君の心境との關わりに注目してみた。考察から讀み取られる紫の上の晩年の心境とは, この世における愛への絶望と永遠の愛への切望, そして人間であることの悲しみであると思う。紫の上の人間であることの悲しみは, あはれと思ふ人の御心も, 必ずつらしと思ひぬべきわざにこそあめれ。我も人も見おとさず, 心違はでやみにしがな總角五二七八頁という大君の發言における我も人もに受け繼がれ, 男だけではなく人間一般の心の變わりやすさ, 心の弱さに對する認識として表れているように思われる。そして, このような紫の上の認識は大君に受け繼がれ, 男性との本格的な愛情關係を結ぶ前に, 男, ひいては人間の心の不變さを信じることができず, 長き心を切望し死んでいく女物語として再創造されているのである。紫の上の晩年における心境に基づいて大君物語を讀むと, 後見のなさと容貌の問題などの客觀的な最初の結婚斷念の理由から, 長き心への切望という永遠の愛を追究するために薰の求愛を受け入れない大君の心境の變化が理解できよう。結局, 正篇の女主人公である紫の上の晩年の世界が, 續篇の女主人公の一人である大君の世界に繼承されているということは, 正篇と續篇の有機性の一端と共に, 物語全體における女物語の主題をも示しているように思われる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소
  • - 간행물 : 일본연구, 33권 0호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.73-94 ( 총 22 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2017-830-000386824
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 수록범위 : 1985–2019
  • - 수록 논문수 : 1299