글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국외국어대학교 일본연구소 > 일본연구 > 33권 0호

아쿠타가와 류노스케(芥川龍之介)의 가을(秋) 에 나타난『노부코(信子)』의 욕망 -주체 상실에서 오는 욕망 전이 과정을 중심으로-

芥川龍之介の秋に現われた< 信子 >の欲望 -主體の消失から來る欲望の轉移過程を中心に-

윤상현

- 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일본연구, 33권 0호

- 페이지 : pp.155-169 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,000
논문제목
초록(외국어)
芥川龍之介は年月秋を發表した。この作品は今まで彼の文學創作に見られなかった日常世界の中に現われた人間たちの欲望を主題にしたものである。すなわち, 芥川の文學創作であった, 非正常的な人物狂人や愚人による非日常世界に現われた芸術至上的な世界ではなく, 普通の人間常人の日常世界を芸術的に形象化したと言える。また, 作品の敍述を主人公である信子の觀点から展開することによって, 當時日本の近代女性の心理を細かく描寫し, 人間內な側面に潛んでいる欲望の轉移過程を現わしている。例えば, 東京に住んでいる信子は自分の欲望が失ってしまうと, その欲望を大阪で動いている會社員と結婚することによって代えようとする。しかし, このような失われた欲望は決して消えていくのではない。信子の平凡な結婚生活は時間が立たにつれ, またしも新しい欲望大阪で動いている會社員と結婚はその意味を失ってしまう。そして, 信子は自分が作り上げた虛構の照子を通して, 東京で失われた欲望を取り?そうとしているのである。言い換えれば, 彼女の主體喪失は自分を東京にいる照子と一體化して, 失われた欲望を獲得しようとする。つまり, 信子が照子の結婚のたよりを聞く瞬間, 空からちらちらと雪が降ってくるのだが, これこそ信子が自分の欲望を獲得した瞬間ともいえよう。また, このような比喩的な表現は芥川が追求してきた芸術至上的な世界, いわば芸術のために人間的な情さえ諦めた良秀地獄變, 死んで口の中から白い百合を笑かせた吉助じゆりあの吉助が各各超人と聖人に昇華された瞬間と, ほぼ同じく表現されているのである。そこには, 彼の文學創作上の變化, すなわち, 日常世界の中で新しい芸術至上主義への試みが現われていると思われる。しかし, 芥川の文學創作における變化非正常的な人物から普通の人間にがあったとしても, 相變わらず日常世界における常人にはなれなかった。これこそ芥川自ら虛構世界で飛翔した超人から日常世界での常人へ下降しようとしたが, 結果的にまたしも狂人へ回歸する危險性をはらんでいたと言わなければならないと思われる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국외국어대학교 일본연구소
  • - 간행물 : 일본연구, 33권 0호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.155-169 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2017-830-000386864
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 수록범위 : 1985–2019
  • - 수록 논문수 : 1299