글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

일본연구검색

Journal of Japanese Studies (JAST)


  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기: 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1225-6277
  • - 간행물명 변경 사항 :
논문제목
수록 범위 : 26권 0호 (2005)
5,800
초록보기
『古事記』と『日本書紀』所在の神話は、天皇支配の合理化という政治的目的に基づいて採錄されたイデオロギ一の産物である。その中でも、特に天孫降臨神話と神武天皇の卽位神話は天皇家の氏族神話であり、天皇家による日本統治の正統性を說く王權神話の中核に當たる部分であるだけに、神話の再編とその變容が著しい。神武天皇が架空の人物であり、神武天皇の卽位神話は神話的物語であることはいうまでもない。問題は古代の天皇神話として成立した神武天皇の卽位神話が近代天皇制國家のイデオロギ一として再生産されたことである。天皇家の氏族神話の性格が强かった古代の神武天皇の卽位神話は、大日本帝國の歷史の根源を語るものとして新たな意味を持つようになる。近代の神話敎育は、天孫ニニギがアマテラスの「天壤無窮」神勅を受け、三種の神器をもって天降った時以來、日本は天神の御子である天皇が永久に統治する正統たる歷史がはじまったと述べるところにあるといっても過言ではない。このような明治政府の政治的必要と神話敎育の方針により、古代文獻神話の中で『古事記』や『日本書紀』本文、その他の一書は無視され、『日本書紀』第一の一書のみ採用されるようになる。いわば建國神話の近代的變容である日本書紀また。第一の一書の採用と關係なく、古代の天皇神話から近代の日本神話への建國神話の變容とともに、『古事記』は近代國民國家の古典としての地位を占めるようになる。

情報化社會とジェンダ一 - インタ一ネットと女性の人權-

白土康代
5,500
초록보기
一方的に送りつけられるいわゆる猥褻メ一ルには、女性の人權を侵害するものが多く見られる。情報の傳達、共有、發信を高速で行うことのできるインタ一ネットは女性のエンパワ一メントを促進する反面、その匿名性、利便性、自己中心性を巧みに利用することで、人權を侵害する道具となることもあるのである。本論考は、實際に送られてきたメ一ルを參考に、ネットの奧で行われている女性の人權侵害の問題を考察する。 政府は對策をうたっているものの、それはあくまで靑少年の健全育成を目的とするものであり、女性の人權という視点に欠けている。  近代の人間觀の根本には女性蔑視がある。國家にとって有用な人間、すなわち健常者でヘテロ男性こそ「一人前の人間」であるという人間觀である。しかし、現在、地球規模で男女平等の取り組みが進みつつある社會においてそうした人間觀は、少なくとも公には搖らぎ始めている。ナショナル·アイデンティティが不安定になるとき、他國を敵視するショ一ビニスムへ向かうことがあるように、一人前の人間モデルとされてきたヘテロ男性は、セクシュアリティにアイデンティティを求め、女性を一方的に支配する傾向を强めているのではないだろうか。彼らは、ネットの匿名性、利便性、高速性といった特徵を十分に利用しつつ、女性の人權を侵害する。近代の人間觀そのものを根底から變えない限りこうしたネットの奧にひろがる無法地帶はなくならないだろう。それは一見進んでいるかに見える男女平等社會の實現を遠ざけることにもなる。まず實態を知ることから始めなくてはならない。
6,000
초록보기
『源氏物語』は多樣は戀の人間關係を主題に描いている虛構物語で、世にもあり得ないような特殊な男女關係を描いている。普通の戀は形ばかりの關係か、脇役の人物のやることのように描かれている。本稿は六條御息所の怨靈が現れる場面を中心に、御息所の愛執と光源氏の道心を分析したものである。 『源氏物語』の中で、光源氏と六條御息所との戀は異樣な愛執と愛憎の入り交じった特殊な人間關係になっている。六條御息所は東宮に入內し、姬君をもうけたが死別して六條の屋敷で優雅に暮していたころ、藤壺中宮との逢瀨がかなわなかった光源氏の愛人となる。しかし、光源氏より七つも年上で、それに氣位が高く、深く思いつめる性格であったので、光源氏は敬遠しがちであった。その結果、六條御息所は生靈となって正妻の葵の上を取り殺し、死靈となっては紫の上と女三宮を惱ます物の怪となって現れることになる。すなわち、六條御息所は亡くなってからも光源氏への愛執を捨てきれず、成佛もできない物の怪となったのである。 六條御息所についてはさまざまな角度から登場人物論の硏究がなされている。鈴木日出男が光源氏を出家へと思い立たせる御息所を「源氏の人生を相對的にとらえ直してみせる物語の目」であったと述べているように、光源氏は葵上、紫上、女三宮などと戀の人間關係をもつことによって自分の榮華を達成するが、六條御息所の愛執によって絶望と挫折、榮華の凋落をもたらすことになる。 すなわち、六條御息所の娘秋好中宮を通じて準攝關になるが、一方では六條御息所の物の怪のために六條院の榮華が崩壞しはじめる。作者紫式部の『紫式部集』で女の物の怪を‘心の鬼’と理解しているように、六條御息所の物の怪は光源氏の‘心の鬼’、すなわち、疑心暗鬼、良心の呵責と言えよう。

『금석물어집(今昔物語集)』의 음양사(陰陽師) 고찰

문명재
5,900
초록보기
『今昔物語集』(以下『今昔』と略稱する)が成立した平安時代後半は陰陽師が活躍した時代であり、作品の中には陰陽師たちの活躍像が多彩に描かれている。したがって當時の民衆の生活全般に密接な關わりをもっていた陰陽師の姿を確認するにおいて、『今昔』の說話は重要な手がかりを提供してくれる。 陰陽師の種類を見ると、まず官人陰陽師は陰陽寮に所屬し、官職をもった陰陽師のことで、天文を觀察して曆を作ったり、奇異なことが起こったら吉凶を占って報告したりした。次に、世の中には隱れて活動した陰陽師、隱者陰陽師があった。朝廷や官の要請ではなく、一般民衆の苦しみと惱みを解決してくれたのが隱者陰陽師の役割であったが、彼らは人を殺す呪いの呪術を唱えたり、民衆の災厄を防ぐなど、肯定的な姿と否定的な姿の兩面を合わせてもっていた。もう一つ、法師陰陽師は僧侶として陰陽師を兼ねているか、或いは僧侶の格好をした陰陽師を指す。法師陰陽師という表現は『今昔』以前の『枕草子』にも旣に出ているが、作者淸少納言は見にくきものの一例として、法師陰陽師が紙冠をかぶっている姿を上げている。陰陽師が紙冠をかぶっているわけについては『今昔』の例話を通して理解できよう。卽ち、神は僧侶の姿を嫌うからと言っているが、當時の神と佛との關係を窺わせる。 また、陰陽師は普通の人は持っていない技芸の持ち主で、彼らの占いは重要視され、優れた秘法は稱贊の對象であった。陰陽師は隱れているものを見る透視術、體を隱す遁甲術を驅使したり、式神を使ったりもした。とりわけ、重病にかかった人の命を救ってやった安倍晴明の秘法は當代陰陽道の第一人者と言われる名聲に少しも劣るところがなかったことが確認される。

書陵部藏本 『齋宮女御集』と『村上御集』 との關係

권혁인
5,500
초록보기
本硏究は、『齋宮女御集』の系統本の中で、『村上御集』と多數の共通歌を有しながら、歌序においてもっとも類似している『齋宮女御集Ⅰ(宮內廳書陵部藏「齋宮女御集」)』を『村上御集』と比較考察したものである。  旣存の反說において、『齋宮女御集Ⅰ』の1番から51番の歌がそのまま『村上御集』に採用されて歌集が形成されたとされているが、その否定の根據を提示して反駁した。 否定の根據としては、歌語と詞書を詳細に檢討して、そのまま歌を移してきたとは判斷できない五カ所の歌や詞書を紹介した。『村上御集』の番號によって示せば、 (1) 8番と9番の間(贈答歌の歌語の應酬) (2) 16番のところ(詞書と處理方法) (3) 21番から25番までの間(『齋宮女御集』の各系統本にない歌資料を含む。) (4) 50番から53番までの間(『村上御集』の歌資料の獨自性) (5) 56番から58番までの間(贈答歌の緊密性) の歌である。  以上の根據から判斷するに、『村上御集』と『齋宮女御集Ⅰ』はそれぞれがとても類似した原初資料によって編集されたのであって、『齋宮女御集Ⅰ』の一部が『村上御集』にそのまま嵌め迂まれたとは考えられない。『村上御集』の歌資料の獨自性が認められる。

韓日說話比較硏究 -かちかち山-

田畑博子
5,800
초록보기
日本で發行されている昔話事典類や、話の履歷書昔話百選などの事典には、この有名なかちかち山の昔話について「外來種とされているが、日本への招來の過程は全く不明というしかない」としている。このように日本の昔話硏究の世界では中國などの類型については認知していたが、韓國については全く不明であった。韓國の昔話がすでに多く日本に紹介されているが、そのほとんどが神話や英雄譚であったので、いままでこれら日本で昔話と言われるいわゆる故事、口承說話、口碑文學と呼ばれる話群を比較檢討することが困難であった。そこでこのたび金厚蓮氏の協力を得て、韓國の說話について硏究することができ、兩國の說話の相 關關係を解析することができた。「兄妹始祖說話」「甲賀三郞譚と地下國の盜賊退治」などについて論究してきた。これはとりもなおさず日本の說話の傳播傳來の重要な問題であると考える。前述のように學術用語としての「昔話」は、故事、口承說話、口碑文學、口傳說話、口承文芸など多くの呼び名を持っている。これらを槪念として規定することは、大げさに言えばその國の持っている思想を表わすことになる。中國をはじめ、日本も國際的な分類體系AT分類法を利用しているが、韓國は獨自の分類體系を持っている。AT分類法は、あくまでもヨ一ロッパの實情に合わせたもので、アジアで使うには困難が伴うことがしばしばあった。それに對して韓國は、韓國そのものにあった分類法を作成したと言うことで、これは敬服に値する。 かちかち山は、尻尾の短い理由譚になっている話もあり、「尻尾の釣」との關係、また後半部の仇討ち部分では「猿蟹合戰」との類似も見られる。「尻尾の釣」「猿蟹合戰」についても韓國に同樣の話が存在し、日韓の傳播傳承については、疑問の余地はないと思われる。また狡猾な兎と言えば日本では『古事記』の中の「因幡の白兎」が有名である。同樣に「兎と龜」の兎もいる。そして「兎の生き肝」の話が「猿の生き肝」と言う話と同型であることからして、これら動物譚の登場動物は、相互に變換されることが多くあることがわかる。韓國の說話との比較によって、この話の日本への招來過程が理解できた。また話の原型、話の變容が解析できたと考える。
5,800
초록보기
本稿では、韓·日の會話におけるturn-takingの豫期失敗とその修復過程からパタ一ンを見い出し、韓·日の異同を探る。そうすることによって、韓·日のturn-takingパタ一ンとの關わりを究明し、雙方の會話スタイルへの影響を明らかにする。予期失敗とは、turnのやりとりの際、次の主流turnを取ろうと試みたものの現話者や他參加者の承認が得られないため、話し續けることができず途中で話すのをやめてしまう發話を指す。また、予期失敗のあと次の主流turnを取って、次話者になることを修復と言う。韓·日における予期失敗とその修復過程では、修復を圖る者が予期失敗の當事者か否かによって、また修復が予期失敗のあと現話者の主流turnの直後に行われるか否かによって、四つの修復パタ一ンが見られる。  パタ一ンⅠ:予期失敗の當事者による、現行turnの直後の修復 パタ一ンⅡ:予期失敗の當事者による、現行turnの持續後の修復 パタ一ンⅢ:他參加者による、現行turnの直後の修復 パタ一ンⅣ:他參加者による、現行turnの持續後の修復 分析の結果、韓·日の予期失敗と修復過程には相違が見られた。韓國語では修復パタ一ンⅠが最も多くなっており、修復の際に予期失敗の當事者が自らの失敗を挽回するかのような素早いturn獲得を行うことで、他者の相づちやturn獲得の余地を殘さないようにする傾向が見られた。一方、日本語では韓國語ほどの優位度は見られないものの、パタ一ンⅣがわりと多くなっており、予期失敗の當事者が直ちに次の主流turnを取って修復を行うことは少なく、現話者の主流turnがしばらく續く間に一回以上の相づちが揷入されてから他者によって修復が行われる傾向がうかがえた。この違いが、韓國語に優位とされるturn-takingパタ一ンⅠ(現話者の主流turnから次話者の主流turnへの直接的な交替)の連鎖を引き起し、日本語に優位とされるturn-takingパタ一ンⅡ(現話者の主流turnの間に他參加者の相づちが入ったり、現話者の主流turnの後に他參加者の相づちが入るもの)の連鎖を引き起す要因の一つとなり、雙方の會話スタイルにまで影響を及ぼしていることが分かった。

일본 훈점한문성서에 나타난 훈독의 변천

오미영
5,700
초록보기
訓点聖書は、日本聖書飜譯の黎明期の樣子を示す資料である。訓点聖書は日本語聖書飜譯に重大な影響を與えており、從って、訓点聖書の考察は、日本聖書飜譯史硏究においてかかせないものであると言える。 吳美寧(2004A)において、1878年と1879年以後の訓点聖書は漢文原文の面で區別される、と指摘した。それに引き續き、本稿では訓点の面の相違に注目して考察を行った。 まず、1879年以後刊行された訓点聖書8種の訓点は、大體一致していることが分かる。これをもって、次に、1879年以後刊行された訓点聖書の代表として79訓点聖書を選び、78訓点聖書と比較してみた。その結果、加点內容が異なるのは46例確認された。個別の漢字における相違が37例、句全體の讀み方や語順における相違が9例である。しかし、これらの相違は漢文原文の理解、つまり考察對象としたマルコの福音という新約聖書の內容の理解の變化によるものではない。しかも、マルコの福音全體に施された訓点の量から考えるとたいへん少ない例である。そのほかに、訓点における相違は、表記面での相違、つまり固有名詞表記の相違、繰り返し符號·略號使用の相違、濁点記入の相違などがある。また、78訓点聖書が79訓点聖書に比べ、句点や濁点などを多用していること、訓点記入が仔細であること、などの相違が指摘できる。 以上から、78訓点聖書は、聖書に加点が行われた初期の段階を示すものであり、79訓点聖書の段階でこの78訓点聖書を檢討し、簡略化という方向で修正を加えていったものと考えられる。また、その後はこの79訓点聖書の訓点が標準として用いられたのであろう。從って、19世紀後半約20年間刊行された訓点聖書は、78訓点聖書に施された1次加点を、79訓点聖書以後の訓点聖書で確認される2次加点の2段階の訓点が存在したと考えられる。

일본어 번역교육에 관한 고찰 -일한번역을 중심으로-

윤호숙
6,200
초록보기
日本語敎育の目標は、主に讀む、書く、話す、聞く能力と飜譯能力及び會話能力の向上が擧げられる。近年、グロ一バルの時代を迎え日本語にも會話中心の敎育が重視される傾向にあり、讀解に關する敎育が輕視され、また飜譯に關する敎育は殆んど行われていないのが實情である。  日韓飜譯において、飜譯者自身が認識せず飜譯者に共通している誤譯が數多く見受けられるため體系的な飜譯敎育が必要であるといえよう。  飜譯能力は、兩言語を理解する能力だけでなく、正確に表現できる言語運用能力も必要である。したがって、正確な飜譯をさせるためには體系的な飜譯敎育が必要であり、言語運用能力の技術を習得させるために必要不可欠であるといえるだろう。  したがって、本論文では、飜譯作品と日本語敎材に現れる典型的な誤譯類型を槪觀し、學習者の誤譯例を調べる。その上で、日本語飜譯敎育の實態と問題点を考察し、日本語飜譯敎育において望ましい敎育方法を模索する。  總體的な飜譯敎育の方法として、學習者が誤譯を行いやすい文法や表現の意味、用法などを十分に說明し指導したうえで、どのような点に留意しながら飜譯すべきかを指導する必要がある。また、效果的な飜譯敎育方法として、學習者の誤譯文章を修正し、フィ一ドバックを通して飜譯能力を向上させる指導があげられる。本論文では、語學的に語彙·文法·文體などの項目に分け正しい日韓飜譯敎育の一方法を提示した。
6,400
초록보기
コトワザ(諺)には人間と關係のあるものを初め、自然と天氣、動物など多樣であるが、本稿ではその範圍を縮小し、女性に關する諺を中心に家庭內での女性の役割と位置づけ、そして一般女性に對する差別的な固定觀念と偏見がどのように韓·日兩國の社會に存在しているのかを比較·考察した。 家庭內で嫁として、姑として、妻としての役割と位置づけを調べてみた。嫁の立場から分析すると、直系家族の形を取り、「孝」の意識に基づいている傳統社會では韓·日とも嫁は姑より義務は多く、服從しなければならない立場であり、姑との間にいろいろな問題が起きた場合、嫁の方が一方的に葛藤を感じさせられる立場であったことが韓·日ことわざを通して把握できる。兩國とも姑は嫁を一番緊張させる存在であり、姑と嫁の確執から發生する葛藤を円滿に解決していこうと努力するより,心理的衝突狀態及び不滿狀態の家族構造であったことが兩國の諺を通じて推測できる。 妻の立場から考察してみれば、姑や夫から妻へ要求される役割は、誠心誠意夫に盡くすというものであり、このような特徵が兩國ことわざに現れている。また、夫は積極的な生き方を求めているのに對して、女性である妻の生き方は消極的になるざるを得ないこととして理解できる。 韓·日兩國での女性差別の樣態がどうことわざに反映しているのかを考察するため、女性差別に關する一般的性格の諺を特徵別に、依存性·多辯性·嫉妬心·狡猾性·殘忍性と分け、これらを中心に分析した。 その結果、韓·日兩國での女性に對する偏見は女性一般の差別的性格の特性によるものが壓倒的におおいことがわかった。次は「その他」であり、女性が否定的且つわるい人間で、道具として使用されている側面、そして韓·日兩國の傳統的價値觀であると言える「男性中心」及び「男尊女卑」の思想が多くの比重を占め、また女性の役割の制約と二重性の倫理に關するものがほぼ同じ比重を占めていた。 以上、韓·日兩國の諺に反映している女性差別的な性格に關するものが根深く存在している理由は、「男性中心」及び「男尊女卑」思想、そして家父長制の傳統のしきたりからであると結論づけられる。
1 2 >