글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일어일문학회 > 일어일문학연구 > 31권 0호

일본어 학습자의 가타카나 표기지도에 관한 일고찰 - 공업계 전문대학 학습자를 중심으로 -

A study on the Japanese Learner's Katakana Hand Writing - Based on the Statistics of the Technical College Students -

이혜영(Hea Young Lee)

- 발행기관 : 한국일어일문학회

- 발행년도 : 1997

- 간행물 : 일어일문학연구, 31권 0호

- 페이지 : pp.157-177 ( 총 21 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,100
논문제목
초록(외국어)
日本語の初級課程における文字の指導はひらがな, 漢字, カタカナ願になっている. しかし, 現在の文字の指導は, ひらがな, 漢字に偏って行なわれているのが實狀である. 戰後から始まった本格的な外來語の借用は日本社會の急激な變化, 經濟高度成長と供に增加し續けている. そのため外國語として日本語を習っている學習者たちも日本語化した外來語, 卽ちカタカナ語を勉强しなければならないと考えている. 工業系の專門大學の場合, カタカナ語の學習は特に重要である. それは專攻分野を理解するためばかりでなく, 卒業後專門職に從事する際にも有效に使われると思われるためである. 本稿ではカタカナの指導過程での表記テストの誤用例を通じて, カタカナ學習の現狀と問題点を考察した. 二次(1次は文化語, 2次は工業用語)のテストを實施し, その結果を分析したところ, 文化語の正答解は工業用語より高かったが內容面には似通った結果が現われた. (表5.7.8.參照) 1. あらかじめ學習した單語は正答解率が高い. (カメラ, ラジオ, ミルク, イオン) 2. 原音意識が障害を起こす場合がある. (ランプ→ レンプ, スイス→ スウィス, ソケットレンチ→ ソケットランチ) 3. 類似した文字の誤用 (ウ→ワ, ミを逆に書く) 4. 長音の誤りが最も多い. (エレべ-タ, ニュ-ス, ミュ-ジカル, エネルギ-, ブレ-キ, キ-ボ-ド) 5. 拗音ァ, ィ, ユ, オの誤用 (フィルタ→ ビルタ, ファクシミリ→ べックシミリ) 1, 2次のテストの誤用例を土台とし, 次のようなカタカナ文字の指導の方案を立てることができる. 1. カタカナの指導に適當な時間を割り當てなければならなぃ. 2. 日本語の學習者に對し音韻體系, 音韻構造に關する指導が先行するべきである. 3. 現行の外來語の表記についての指導敎師の硏究(勉强)が必要である. 4. カタカナ書きの敎材の硏究, 開發が求められる. 5. 學習者のカタカナ表記は日本の基礎敎育課程で指導するべきであリ, 指導された後にも, 學習は持續的なかタカナへの關心と練習が要望される.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일어일문학회
  • - 간행물 : 일어일문학연구, 31권 0호
  • - 발행년도 : 1997
  • - 페이지 : pp.157-177 ( 총 21 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-006474074
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-2552
  • - 수록범위 : 1979–2022
  • - 수록 논문수 : 3256