글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 25권 0호

일본어 학습자의 질문 -대학의 경우-

An Analysis of Japanese Leamer Question -In the Case of College-

조남성 ( Jo Nam Seong )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2003

- 간행물 : 일본어교육, 25권 0호

- 페이지 : pp.25-42 ( 총 18 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,800
논문제목
초록(외국어)
本稿では短期大學で學ぶ日本語學習者の質問について調査し、その中で頻度が高い質問を大學で學ぶ學生の質問と比較した。その主な結果は次の通りである。 ⑴學年別に見ると、1年生には「文字論(表記)」、2年生には「シンタクス·意味論」の質問が一番多い。⑵日本語のカテゴリ-別、文字論には、「漢字の讀み(特に、「音と訓」、具體的には「地名」「人名」等)」「漢字の字體の違い」「漢字の書き」「外國語の表記(特に、「長音」)」等の質問が多い。⑶音韻論的(發音)には、「子音(淸音と濁音)」「連濁の現象」「助數詞の讀み」等の質問が多い。⑷語彙論的には、「ノ/コト/モノの違い」「オ/ゴ(接頭語)」「多義語(特に、トル、キル、カケル)」等の質問が多い。⑸形態論的(活用等)には、「動詞の活用(特に、「動詞+テ」)」「例外の5段動詞」等の質問が多い。⑹シンタクス·意味論的には、補語には「ニ(ニ/デ、ニ/ヘ、ニ/ヲ)」、「ガ(ヲ/ガ)」、「連逮助詞ノ」、ウオイスには「受身の解釋」「使役の解釋」及び(サ)セラレル」、受給には「モラウ/クレル/アゲル」「自動詞と他動詞の區別」、接續には「條件·假定」「原因·理由」、モダリテイには取り立て詞の「ハ/ガ」「ダケ/バカリ」、ム-ドの「ヨ/ネ」「ソウダ/ヨウダ/ラシイ」、スタイルの「口語體」等の質問が多い。⑺その他 のカテゴリ-では、敬語には「尊敬語/謙讓語」、表現·飜譯には「男性語/女性語」等の質問が多い。以上、⑵~⑺をまとめてみると、次の通りである。 日本語のカテゴリ- 質問の項目 ⑵文字論(表記) ·漢字の讀み(特に、「音と訓」、具體的には「地名」「人名」等) ·漢字の字體の違い ·漢字の書き ·外國語の表記(特に、「長音」) ⑶音韻論(濁音) ·子音(淸音と濁音) ·連濁の現象 ·助數詞の讀み ⑷語彙論 ·ノ/コト/モノの違い ·オ/ゴ(接頭語) ·多義語(特に、トル、キル、カケル) ⑸形態論(活用) ·動詞の活用(特に、「動詞+テ」) ·例外の5段動詞 ⑹シンタクス·意味論 補語:ニ(ニ/デ、ニ/ヘ、ニ/ヲ)、ガ(ヲ/ガ)、連逮助詞ノ ウオイス:受信の解釋、使役の解釋及び(サ)セラレル 受給:モラウ/クレル/アゲル、自動詞と他動詞の區別 接續:條件·假定、原因·理由 モダリテイ:取り立て詞のハ/ガ、ダケ/バカリ ム-ド:ヨ/ネ、ソウダ/ヨウダ/ラシイ スタイル:口語體 ⑺その他 敬語:尊敬語/謙讓語 表現·解釋:男性語/女性語 ⑻短期大學と大學の比較(順位10位まで)においては、1年生では共通の項目が一つも見られない。しかし、2年生では「漢字の讀み(音と訓)」「ノ/コト/モノ」「條件(ト/バ/タラ/ナラ)」「カラ/ノデ(カラ/ノデ/タメ)」「ネ/ヨ/<ワ>」「尊敬語/謙讓語の違い」「男性語/女性語」の七つの項目が見られた。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 25권 0호
  • - 발행년도 : 2003
  • - 페이지 : pp.25-42 ( 총 18 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-003138433
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232