글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 26권 0호

한일 양국 직장인의 여가 활용에 대한 의식구조 비교 고찰

The Study on the Comparison between the Viewpoints about Spending Leisure Time of the Korean and Japanese Office Workers

박청원 ( Park Cheong Won ) , 안병곤 ( An Byeong Gon )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2003

- 간행물 : 일본어교육, 26권 0호

- 페이지 : pp.221-257 ( 총 37 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

7,700
논문제목
초록(외국어)
日·韓兩國の社會的構造はそれぞれの特徵を持ちながら發展しつつあって多樣なところにわたって兩國の文化の違いとしての社會的行動が見られる。得に組織內の人間關係をのぞいでみるとその國の文化の違いによる考え方の違いから産み出された社會的行動がところところに見られていると思われる。社會的行動の違いはその國の特徵として現れやすいことはもちろん、その影響は職場にも及ぼすことになっているとも言える。そこで文化の相違による意識はどう違っているのか。というところで職場を中心に意志調査を行って各項目別にアンケ-ト調査を行い、調査の內容は大きく分けでつぎの二つの項目である。 アンケ一ト調査の方法としては日本の職場にアンケ-トペ-パを依賴してチェックしていただいて韓國の調査でも韓國の職場にアンケ-トペ-パを廻してサラリ-マンは仕事と余暇の關係に關する意識の調査で日·韓國兩の余暇に關する意識をサラリ-マンを對象にして調査することにする。その結果、仕事と余暇に對しては日本の方が仕事優先で韓國の方は仕事と余暇の重さは兩方とも重要であることが明 らかになった。その次の一つである生き方を生活目標として理想的な職場人として基本になる價値觀の調査では未來の人生が中心になる傾向は韓國の方で現在の生活中心は日本の方が全般的に多かったことがわかった。 最後の宗敎の問題ですが韓國の方は傳統的な宗敎中心であるが日本の宗敎はとても複雜な問題の多いためアンケ-ト調査では結論が難しく今後の問題に殘しておきたいと思う。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 26권 0호
  • - 발행년도 : 2003
  • - 페이지 : pp.221-257 ( 총 37 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-003138231
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2022
  • - 수록 논문수 : 1322