글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 37권 0호

한,일 양 언어의 파찰음에 대한 음향음성학적 분석 -시간적 특성을 중심으로-

최영숙

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2006

- 간행물 : 일본어교육, 37권 0호

- 페이지 : pp.45-65 ( 총 21 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,100
논문제목
초록(외국어)
本稿では韓國人日本語話者と日本人韓國語話者は日本語の破擦音をどのような音響音聲學的特徵を利用しているのかを明らかにするために、日本語東京方言話者と韓國語ソウル方言話者によって發音された音聲を音響的に分析した。日本語の破擦音は摩擦音にくらべ雜音エネルギの立ち上がり時間及び摩擦の持續時間が短いことが再確認された。さらに、日本語のおける有聲破擦音の摩擦の持續時間のほうが無聲破擦音より短く實現された。韓國語の破擦音における雜音エネルギの立ち上がり時間及び摩擦の持續時間は/ㅉ(c`)/, /ㅈ(c)/, /ㅊ(ch)/の順で現れた。ところが、韓國語の破擦音に後續する母音の持續時間の場合では雜音エネルギの立ち上がり時間及び摩擦の時間とは逆に/ㅊ(ch)/、/ㅈ(c)/、/ㅉ(c`)/の順で長く發音される。これは時間の相補作用と思われる。また、韓國語の/ㅊ(ch)/は日本語の/tg/よりエネルギが强いことがわかった。さらに、韓國語の語中における破擦音/ㅈ(c)/は語頭の場合とは違い、先行有聲化を表すボイスバ一が見られた。以上のような結果を一般化するためには多數の被驗者の發話を分析し、それぞれの音響的特徵をコントロ一ルした合成音聲を使った知覺實驗を行う必要があると考えられる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 37권 0호
  • - 발행년도 : 2006
  • - 페이지 : pp.45-65 ( 총 21 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-008447431
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232