글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 41권 0호

일제강점기 일본어 교과서 속의 도태랑(桃太郞)

민병찬 , 박화리

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일본어교육, 41권 0호

- 페이지 : pp.3-20 ( 총 18 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,800
논문제목
초록(외국어)
本論文では、日本で國定敎科書體制が導入された1903年以降、文部省で編纂した國語敎科書と、1910年以降、朝鮮總督府から發行された國語(日本語)敎科書のうち、「桃太郞」が揭載されている7種にわたる敎科書を比較檢討し、この物語が實際どういう形で收錄されているかをはじめとして、それぞれの內容上の異同が何を意味するのかなどについて考察してみた。その結果、童話としての「桃太郞」は、一般に「英雄崇排の思想」「尙武の氣風」「海外遠征の壯擧」といった意味で受け止められており、敎科書に「桃太郞」を揭載したのは、もっぱら日本の「敎育政策」を反映しようとしたからに他ならないということを確認できた。ただし、その「敎育政策」というのは、單に言語敎育のためだけに止まらず、「國民性の陶冶」、すなわち「桃太郞精神」を朝鮮の兒童に浸透させようとする目論みに支えられたものであり、そして「桃太郞精神」は、日本の强制占領を美化し讚える道具として擴大再生産されていくのである。このように考えてはじめて、言語水準の面において不都合があったにもかかわらず初級の段階で「桃太郞」が導入されたこと、そして「天子」の登場などといった問題が理解できるのである。なお、本論文は、日本語敎科書についての言語史的な罐点にのっとったこれからの硏究の出發点の一つになるといった意義をもつ。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 41권 0호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.3-20 ( 총 18 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-008446318
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232