글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 41권 0호

명치초기 문명개화의 이상 -아쿠타가와 「개화의 남편(開化の良人)」을 통하여-

최정아

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일본어교육, 41권 0호

- 페이지 : pp.111-133 ( 총 23 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,300
논문제목
초록(외국어)
本作品で芥川は、明治初期の文明の價値、つまり開化の理想を、日本人固有の美的感受性が日本に流入された西歐の文物に動き東西の文明を融合させ創出した明治初期特有の調和の美として提示している。主人公の三浦はそのような明治初期の文明を體現する人物であり、彼の理想である「愛(アム-ル)」は、彼の美的感受性が西歐の罐念<アム-ル>に動き新しく創出した精神的美として、少しも現實的條件を省みることのない純粹で眞正なる<無償の愛>を意味する。そのように明治初期特有の美を象徵する三浦の理想は、しかし現實的欲望が蔓延る醜惡な開化の現實によって蹂躪され、結局、以後の日本の社會から消えて行く運命を천る。が、芥川は、明治初期文明の價値が以後の日本の文明から完全に絶やされたと見做し、それを嘆き悲しもうとするのではない。三浦の理想が持つ純粹で眞正なる美は、彼の親友である本田子爵によって、結局は無謀な戰いとして終わろうとも醜惡を生む現實的欲望の力に抗って守らねばならない崇高な價値として受け繼がれ、また、そのような本田子爵の意志は作中の大正期の作家である<私>によって全面的な共感とともに受容され引き繼がれていくのである。芥川は、このような作中作家<私>の姿を借り、自分もやはり、日本固有の美的感受性で西歐の文物に變容を加えることによる新しい美の創出を理想とする芸術家であることを表明している。同時に、この理想によって創出される純粹で眞正なる美を守護し傳播するべく、これを蹂躪する現實的欲望の力に抗っていく無謀で險しい戰いを持續しようとする意志を披瀝している。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 41권 0호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.111-133 ( 총 23 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-008447486
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232