글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 42권 0호

대학원 교육 활성화 방안 -전남대 일어일문학과의 예를 중심으로-

이덕배

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일본어교육, 42권 0호

- 페이지 : pp.13-29 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(외국어)
最近, 韓國の大學院は志願率が著しく低下する現象を見せている。全南大學の大學院日語日文學科では, 人文系大學院の場合, 今後生涯敎育の場になる可能性があると判斷した。このような大學院の敎育環境の變化に備え, 大學院敎育の發展の方向を模索したが, 本稿はその內容についての考察である。大學が位置している, いわゆる西南圈という地域の特性と將來の地域開發計畵を視野に入れ, 人材養成の方向を「西南圈開發に備えての對日專門人材養成」とし, 大學院の敎科課程を改編した。なお, 敎科課程の實踐のために, 「日本語敎育」「韓日通譯·飜譯」というこつの人材養成コ―スを設けた。日本語敎育分野では, 大學院の敎科課程以外にも第2言語習得硏究會や日本語敎育文法硏究會で理論を習得し, これを敎育現場に活用できるようにする。一方, 通譯·飜譯分野では, 今後, 光州と全南地域の通譯·醱譯人材の需要が伸ることを予想して, 通譯と醱譯を産業のインフラ―としてとらえ,韓日通譯·飜譯人材養成のための環境を造り上げていくことを目指す。本稿での考察は, 特定の地域における大學院についての構想であり, これを他の大學院にそのまま適用するにはある程度の制限もありうると見られる。ただしそのような限界をも念頭におきながら, 今後の大學院の敎育方向の設定には地域の特性を考慮し, 大學院ごとに特色というべきものを전えていくべきであることを提案した。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 42권 0호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.13-29 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-008446909
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232