글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 44권 0호

오오카 쇼헤이의 『포로기』연구 -정사(正史)와 개인적인 체험 사이-

우연희

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2008

- 간행물 : 일본어교육, 44권 0호

- 페이지 : pp.134-150 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(외국어)
戰後文學の代表作品である大岡昇平の『부虜記』は、1948年2月に初の章にあたる『捉まるまで』が短編小說として發表され、1952年12月に創元社で現在の完結な形として出版された。この作品は1944年に徵集されてフィリピンのミンドロ島で體驗した作家の戰爭經驗をもとにして書かれている。<私>は米軍の上陸によって、1945年1月25日ミンドロ島南方山中において?虜となった。부虜になってから米軍の포虜收容所の中での<私>と<他者>の生活が、作品內の語り手である<觀察する私>の眼を通して描かれている。本稿では、敍述者が自分の?驗を正史とは區別して書いたのを<强調>している点を捉えて、このような語りの意識はどこから發生されたか、その結果大岡の文學の方法的展開にどんな關連性を持つかを考察してみた。大岡の語りの方法は全體性·抽象性を個人性·具體性に取り替える作業によって成り立っているのを捉え返したかったからである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 44권 0호
  • - 발행년도 : 2008
  • - 페이지 : pp.134-150 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-008446732
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232