글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일어교육학회 > 일본어교육연구 > 12권 0호

심포지엄 논문(論文) : 학습자의 시점에 의거한 일본어교육문법의 구축

천호재

- 발행기관 : 한국일어교육학회

- 발행년도 : 2007

- 간행물 : 일본어교육연구, 12권 0호

- 페이지 : pp.19-36 ( 총 18 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,800
논문제목
초록(외국어)
最近の日本語敎育ではコミュニケ―ション能力を重視する日本語敎育文法が主流をなしている。日本語敎育文法はいわゆる機能中心主義であり形式中心主義の日本語學的文法とは相反するものである。本論文ではどちらの文法觀が正しいかどうかを論ずるつもりはない(もちろんコミュニケ―ション能力を向上するためには日本語敎育文法觀が正しいということは論じる)。ただし、本論文では白川(2005[2006])に代表される日本語敎育文法の觀点を收容し韓國の大學の初級日本語敎材の實像を把握し、コミュニケ―ション能力はどのように增進させ得るか、そうするためには日本語敎育文法がどのように役立つのかを考察する。本論文の目的は次のとおりである。まず白川(2005[2006])の主張を收容しまず韓國の大邱地域の大學(啓明大學校,慶北大學校),嶺南大學校)の初級日本語敎材にも當てはまるかどうかを觀察する。第2に、白川(2005[2006])の主張に對する妥當性の有無を觀察しさらにその主張から生じる問題点を指摘すると同時に補完点を提示する。第3に大學の敎材執筆に際して韓國人日本語學習者の視点を考慮した日本語敎育文法がどのように構築されるべきかを具體的に指摘することである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육연구, 12권 0호
  • - 발행년도 : 2007
  • - 페이지 : pp.19-36 ( 총 18 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2009-730-019926443
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1598-4311
  • - 수록범위 : 2001–2021
  • - 수록 논문수 : 683