글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 54권 0호

일본어 한어(漢語)의 모음삽입 -최적성이론에 의한 분석-

이병훈

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2010

- 간행물 : 일본어교육, 54권 0호

- 페이지 : pp.113-127 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(외국어)
漢語で喉內入聲韻と舌內入聲韻が非促音形として表れるとき、語幹の末子音/k/や/t/の後に高母音[u]あるいは[i]が揷入される。このような母音揷入の際、k-語幹(喉內入費)では語幹の母音と揷入母音の[back]の素性が一致する母音調和が表れるが、t一語幹(舌內入費)では母音調和は表れず、語幹母音の種類に關係なくデフォルト母音[u]が揷入される。このような差は舌背音(Dorsal)/k/と舌頂音(Coronal)/t/の母音調和に對する透明性の差に起因したものであると說明できる。母音揷入が起る際、入力形の語幹母音の調音位置素性を擴散させれば、出力形で母音の調音位置素性の添加を必要としなくなる。卽ち、Dep(VPlace)制約の違反なしに母音揷入が行われる。ところが、このような母音の調音位置素性の擴散で語幹母音に隣接した子音を飛ばしてはならないので、母音の調音位置素性が隣接した子音にも連結される。このように、母音の間の子音に母音の素性が擴散されれば、子音は元の調音位置素性に母音の調音位置素性が追加されるが、舌背音/k/の場合、舌背音に母音の調音位置素性の追加を禁じる制約*Dor&VPlaceが入力形になかった母音の調音位置素性を出力形に揷入するのを禁じる制約Dep(VPlace)より下位の制約であるため、k-語幹では*Dor&VPlaceの違反にも關わらず、語幹母音の調音位置素性が擴散され母音調和が表れる。その反面、舌頂音/t/の場合、舌頂音に母音の調音位置素性の追加を禁じる*Cor&VPlaceがDep(VPlace)より上位の制約であるため、t-語幹では母音の調音位置素性が擴散されず、デフォルト母音が揷入され母音調和が表れないのである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 54권 0호
  • - 발행년도 : 2010
  • - 페이지 : pp.113-127 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-730-001756063
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232