글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 56권 0호

한국과 일본의 독도교육문제

The education of korea and Japan of Dokdo Island Issue

김인현 ( In Hyun Kim )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2011

- 간행물 : 일본어교육, 56권 0호

- 페이지 : pp.1-23 ( 총 23 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,300
논문제목
초록(외국어)
2011年3月30日, 日本の孤島 領有權 主張に關する中學校 敎科書が文部省の檢定を通過して, 韓國と日本の獨島 領有權 主張と敎科書問題の對應關係, 獨島論爭の歷史的事實について考鎭した。獨島問題に關する日本外務省のサイトでは、竹島は、歷史的事實に照らしても、かつ國際法上も明らかに我が國固有の領土である。と言うが、獨島は 地理的で, 歷史的で, 國際法の上にも 明白な 韓國固有の 領土である。朝鮮世宗 14年(1432)に 編纂した「世宗實緣地理志」には, 于山·武陵二島 在縣正東海中 二島相距不遠 風日淸明 則可望見 新羅時 稱于山國 として, 鬱陵島から目でよく見える近所として, 地政學的で見るとき、大韓民國の領土に含まれていたことを日本の良心的な 歷史學者たちと山邊健太郞は論文で韓國固有の 領土である。と主張している。韓國側からは、日本が獨島を實效的に支配し、領有權を確立した以前に、韓國が獨島を實效的に支配していたことを示す明確な根據として古地圖が提示されているし、``竹島外一島俵 本邦關係無``と言う太政官指令書(1877)もある。日本側からは、韓國が日本固有の領土である竹島について、不法占據が續いている狀況の中であると言うが、歷史的事實に照らして、韓國が遲くとも6世紀から實效的支配に基づき獨島の領有權を確立していたのである。1900年以降も 高宗皇帝の大韓帝國 勅令 41號 第2條には、鬱陵島全島と石島(獨島)を 管轄して獨島を領有する意志を再確認した。獨島を實效的に支配してきた明確な證據として明記されている。1946年1月29日 連合軍總司令部の覺書第677號が、日本が竹島に對して政治上又は行政上の權力を行使すること及び行使しようと企てることを禁止した。1946年6月22日 連合軍總司令部覺書第1033號が日本漁船の操業區域を規定した。また、1943年のカイロ宣言にある「日本は、暴力及び食欲により略取したる他の一切の地域より驅逐せらるべし」の「暴力及び貪欲により略取した」地域に當たるものであるから返還しなければならない。本稿で、韓國と日本の主張している獨島問題に關する對應關係について、古地圖と敎科書問題を分析し, 獨島敎育問題ということを明らかにすることに意義がある。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 56권 0호
  • - 발행년도 : 2011
  • - 페이지 : pp.1-23 ( 총 23 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-360-002404666
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232