글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 56권 0호

일본 근대소설과 이동, 교류의 전략적 글쓰기 -미야모토 유리코 문학의 전면적 재평가-

The Writing of Japanese Modern Novel`s Movement and Exchange: An Overall Revaluation as to the Literatural World of Miyamoto Yuriko

김주영 ( Joo Young Kim )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2011

- 간행물 : 일본어교육, 56권 0호

- 페이지 : pp.245-257 ( 총 13 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,300
논문제목
초록(외국어)
漱右や鷗外のヨ―ロッパ體驗は、日本の近代文學を語る重要なキ―ワ―ドの一つであろう。なぜかと言えば、近代文學史そのものが西洋からの移植という否定せざる負の意識を孕んでいるからである。それはある面においては、オリエンタリズムに繫がる一方、負の意識の作動で西洋を相對化できるような文學者を求める。その對象が漱石や鷗外ではなかっただろうか。ところが二人の神話は西洋に移動、交流する男性的世界觀に支えられている、というのが本論の出發点である。もともと移動、交流による非西洋の發見ということを、近代の始まりだとすると、女性の出る幕はなかった。しかし、漱石や鷗外が經驗したヨ―ロッパ帝國、すなわち英國帝國、獨逸帝國とちなんで宮本百合子のアメリカ「帝國」やソビエト「帝國」、ヨ―ロッパ帝國の滯在を重ね讀むとどうであろうか。漱石の帝國として成長していくべき「日本」への强い思いとは違って、百合子が捉える西洋には「國家/帝國」意踐が見られない。百合子文學が個人の自由への熟い思いから出發したからであろう。漱石と同じ英國を見回る百合子の語り手は、先進國としての羨望はなく、その矛盾への批判が現れている。共産主義の帝國化を圖るとソビエトに對する無批判的な肯定に問題は殘るにせよ、女性の視点で讀まれた西洋言說は日本の近代の別な斷面として考えるべきである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 56권 0호
  • - 발행년도 : 2011
  • - 페이지 : pp.245-257 ( 총 13 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-360-002314423
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232