글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 57권 0호

學習者の縱斷的發話コ-パスによる條件表現の習得硏究 -「たら,と,ば」の形式と意味に著目して-

최연주

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2011

- 간행물 : 일본어교육, 57권 0호

- 페이지 : pp.31-47 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(한국어)
本硏究は、L2成人日本語學習者の條件表現の習得にはどのような特徵があるのかを明らかにすることを目的とし、韓國語と中國語の母語話者の日本語學習者の縱斷的發話デ-タを意味と形式の觀點から分析し、考察を行ったものである。その結果、以下のことが分かった。①條件形式「たら·ば·と」はそれぞれ初出期が異なり、學習時期や共起する動詞によって條件表現に偏りが見られる。②「ば」は「~と言えば」などの慣用表現、「と」は否定形との共起、非가定的な文に多く用いられるなど條件形式每に習得の傾向が異なる。③中國人學習者と韓國人學習者からは、母語に關係なく、上述の條件表現の習得傾向が觀察される。本硏究は、學習開始3、4ヶ月から35、36ヶ月までの3年間のL2成人日本語學習者の縱斷的發話デ-タを用いたこと、先行硏究では扱っていなかった固まりや慣用表現などの形式にも注目し、條件表現の形式と意味の兩面に分析の重點をおいたことで、中國人學習者と韓國人學習者の條件表現の習得に關與している要因と習得プロセスの一端を明らかにしたことに意義がある。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 57권 0호
  • - 발행년도 : 2011
  • - 페이지 : pp.31-47 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-360-002262122
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232