글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 58권 0호

일본어 교육에서 청크를 활용한 어휘 지도

윤강구 , 황송란

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2011

- 간행물 : 일본어교육, 58권 0호

- 페이지 : pp.13-28 ( 총 16 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,600
논문제목
초록(외국어)
本稿は、チャンクを利用した語彙學習が、コミュニケ-ション能力の向上と長期記憶に及ぼす效果について檢證することを目的としている。實驗集團はチャンクを利用して指導を行い、比較集團は文法中心の授業を實施した。その效果について、認知的な面と情意的な面に分けて分析を行った。結果は次のとおりである。第一に、實驗集團が比較集團に比べ、理解力と表現力においてより高い結果が見られた。第二に、語彙の長期記憶に關する效果を檢證した結果、事後1次テストと事後2次テストにおいては、2つの集團とも事後1次テストとほぼ同じ點數であった。しかし、平均點は比較集團に比べ、實驗集團のほうが高かった。よって、チャンクを利用した語彙指導は、語彙の長期記憶にも效果があったと言える。第三に、文法中心の授業ではなくチャンク中心の授業では、學習者に期待感を持たせ、さらに學習效果の向上にも繫がっていた。したがって、學習者の情意的な面にも有意な影響を與えていると考えられる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 58권 0호
  • - 발행년도 : 2011
  • - 페이지 : pp.13-28 ( 총 16 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-730-003002740
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232