글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 58권 0호

명치기(明治期) 1,2인칭대명사의 대우가치

송세련

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2011

- 간행물 : 일본어교육, 58권 0호

- 페이지 : pp.99-111 ( 총 13 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,300
논문제목
초록(외국어)
本硏究は明治中期に書かれた落語の速記資料『口演速記 明治大正落語集成』を對象に、一·二人稱 代名詞について性差及び社會階層との關わりを中心に、その對應關係や文末表現などの待遇表現の觀點から考察を行ったものである。考察の結果は次の通りである。一人稱代名詞に關しては、「わたし」と「わたくし」は下位者が上位者に對して使う典型的な人稱詞である。また女性において「わたし」は、話者の身分や相手との關係などの要素とは關わりなく使われており、中立的な性格を持つと考えられる。男性が使う「おれ」と「わし」は、「わし」の方が「おれ」より丁寧で、その使用者も高年層に限られる。二人稱代名詞については、「あなた」と「おまえさん」は下位者が上位者に對して使うものであるが、その待遇度は「あなた」の方が「おまえさん」より若幹高い。「おまえ」と「おまい」の使い方は重なる部分が多いが、「おまえ」に比べて「おまい」は相手への丁寧な感情がこもっている。これに對して「おまえ」は、喧화の場面での話し手の罵りの感情などが反映されている場合が多い。また性別からみると男性の方が女性に比べてバラエティ-に富んでいる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 58권 0호
  • - 발행년도 : 2011
  • - 페이지 : pp.99-111 ( 총 13 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-730-003023112
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232