글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 60권 0호

授業後の大學生同士の會話における會話參與者の情報共有 -會話參與者の立場とその變化に注目して-

田中眞衣

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2012

- 간행물 : 일본어교육, 60권 0호

- 페이지 : pp.1-11 ( 총 11 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,100
논문제목
초록(한국어)
本硏究では、日本語における授業後の大學生同士の情報共有がどのような立場設定しながら行われているのかを明らかにするため、會話分析の手法を用いて授業後の大學生同士の授業に關する會話を分析·考察した。分析の結果、情報を要求する者により初めに設定された會話參與者の立場は、情報提供の形式により新たに設定されていき、そのため連鎖構造も複雜になることがあることが明らかとなった。情報を提供する者は陳述による情報提供で自身を「自分の言葉で內容を說明できる者」とし、情報共有において「情報」は情報を要求していた者一方の情報·知識を構築するために必要ものとして設定されている。しかし、陳述タイプの質問や傳聞表現などを用いた情報提供では自身を「情報に關して確信のない者」「敎師の話を聞いて知っている者」「授業を一緖に聞いていた者」と設定し、會話參與者兩者にとって情報共有の活動が情報を得るために必要なことだと設定される。情報を提供していた者は自分では「判斷できない者」として自分を設定すると同時に、情報を要求していた者を「共に考える者」「共に授業を聞いていた者」としての立場を設定していることが明らかとなった。また、新たな設定により、共感など新たな活動を行うことができる余地が現れたと考えられる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 60권 0호
  • - 발행년도 : 2012
  • - 페이지 : pp.1-11 ( 총 11 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-730-003072286
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232