글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 60권 0호

부산 거주 결혼이주여성의 언어적 접촉,갈등과 비언어적 의사소통 구조에 관한 연구 -일본인 결혼이주여성의 제스처 산출양식을 통해 본 타자적 표상-

오미경

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2012

- 간행물 : 일본어교육, 60권 0호

- 페이지 : pp.27-49 ( 총 23 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,300
논문제목
초록(한국어)
本硏究は多文化接觸空間の釜山に居住している日本人結婚移住女性を對象にし、アニメ一ション傳達課題を用いて韓國語で發話する際、非言語傳達能力にいかなる構造的特徵があるのか調査したものである。本硏究では日本人結婚移住女性の意思傳達能力の具體的な特徵を調べるために、質問用紙および映像分析に基づき大きく3段階の分析を行った。まず第一に、日本人結婚移住女性の使用したコミュニケ一ション·ストラテジ一に關する意識調査を分析した。その結果、日本人結婚移住女性は聞き手の理解のみならず、自分の傳達能力を高めるためにジェスチャ一を使用していたことが分かった。第二に、日本人結婚移住女性が2種類の(韓國人、日本人)聞き手に物語を傳えるとき産出された表象的ジェスチャ一を、韓國人主婦(先行硏究)と比較·分析した。分析結果、聞き手ごとによる表象的ジェスチャ一の産出頻度は、韓國人主婦よりも日本人結婚移住女性の方で、その差が小さかった。最後に、日本人結婚移住女性が2種類の(韓國人、日本人)聞き手に物語を傳えるとき産出されたビ一トジェスチャ一を、韓國人主婦(先行硏究)と比較·分析した。分析結果、聞き手ごとによるビ一トジェスチャ一の産出頻度は、韓國人主婦よりも日本人結婚移住女性の方で、その差が大きかった。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 60권 0호
  • - 발행년도 : 2012
  • - 페이지 : pp.27-49 ( 총 23 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-730-003072397
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232