글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 60권 0호

韓國人學習者の漢字學習方略と處理方略に關する考察 -漢字の卽時的處理場面に見られる記憶方略を中心に-

石井奈保美 , 김영숙

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2012

- 간행물 : 일본어교육, 60권 0호

- 페이지 : pp.51-62 ( 총 12 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,200
논문제목
초록(한국어)
本硏究の目的は、韓國人日本語學習者の漢字學習方略と漢字處理の場面における處理方略との關係を明らかにすることである。具體的には、中級以上の學習者を對象に漢字學習方略を測る質問紙"SILK"と漢字處理能力を測る"漢字SPOT"を用い、漢字SPOT實施後の發話デ一タの分析を通して考察を行ったものである。その結果、1)漢字學習方略と處理方略の數、處理方略の種類には一定の相關が認められ、學習方略の數が多い學習者は、處理方略においても多くの方略を使用する傾向があること、2)學習者の方略の使用が1)と異なる樣相を示す要因には、[方略の多重化][學習者のビリ一フ][方略の變化]といった要因が考えられること、3)中級以上の學習者は漢字の音を利用した學習方略を多く用いるが、それが處理方略として表出するまでには時間的なずれがあることの3点が明らかとなった。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 60권 0호
  • - 발행년도 : 2012
  • - 페이지 : pp.51-62 ( 총 12 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-730-003072302
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232