글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 60권 0호

中國の中學における日本語敎育* -『義務敎育課程標準實驗敎科書日語』を通して-

한선희

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2012

- 간행물 : 일본어교육, 60권 0호

- 페이지 : pp.97-110 ( 총 14 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(한국어)
『日語課程標準』の制定を境にして中國の日本語敎育は大きく變わったと言える。本稿では變わった中國の日本語敎育を『義務敎育課程標準實驗敎科書 日語』を通して分析し、その特徵を全體の構成、本文、會話文、コミュニケ一ション機能、コラムと新しい試みなどに分けて考察した。新しくなった『日語課程標準』に基づく『義務敎育課程標準實驗敎科書日語』は「言語知識」と「言語技能」に加え、文化的差異を理解するための「文化的素養」、學習に對する積極的な意欲などの適切な「感情態度」、樣□な學習活動を速やかに遂行する能力である「學習ストラテジ一」の三つの育成が重点技能に組み入まれている。最も目立つ變化は學生自らこれらの個□の技能を組み合わせて、積極的にコミュニケ一ション活動に參加し、分析·討論·意見發表が行えるような試みがみられるということである。つまり敎師は敎科書を敎えるのではなく、敎科書を利用して敎えるのである。また、「文化的素養」が日本人と円滑なコミュニケ一ションを進めるために不可欠な要素であることを强調し、「祖國意識」と「國際意識」を備えた人材の育成が特徵であることが明らかになった。すなわち現在の中國における日本語敎育は、21世紀のグロ一バル時代に合う國際的な素質のある國際人を養成する敎育を目指しているのである。このような結果は、今後の韓國の中學敎科書の作成に示唆する点が多いと思われる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 60권 0호
  • - 발행년도 : 2012
  • - 페이지 : pp.97-110 ( 총 14 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2012-730-003072337
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232