글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 61권 0호

고등학교 『일본어1』에서의 문법 항목 -``자연스럽게 익힐 수 있도록`` 되었는지를 중심으로-

Grammar Items in 「Japanese 1」 Textbook in High School: Are they constructed to naturally acquired?

윤강구 ( Kang Goo Youn )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2012

- 간행물 : 일본어교육, 61권 0호

- 페이지 : pp.1-15 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(한국어)
各敎科書における文型·文法の記述には形態中心やインプット强化が利用されている。形態中心は、學習者が文型·文法に注意を促しインプットで知識を得る、等において役に立つ反面、ある狀況や場面で利用しにくいという短所がある。また、インプット强化は、多量のインプットがなければ、學習者自らが氣づきにくいという短所がある反面、インプットが十分である場合には自らが(その文型·文法を)發見し習得しやすいという長所もある。形態中心の記述が文型·文法の自然な習得や言語の使用に對しあまり役に立たない爲、學習者が自ら氣づけるような暗示的提示を行う方法を工夫すべきである。大部分の敎科書が文型·文法を提示する際、いわゆる導入順序によるのではなく、狀況や場面を利用し、タスクの解決に必要なものを導入した点は良かったと思われる。敎師は授業をする際、說明よりインプットを通して學習者自らが氣付けるようにしなければならない。敎師中心ではなく、學習者中心の敎育をすべきである。このような意味から考えると、フォ―カス·オン·フォ―ムの樣樣な指導方法を活用するのが自然に文型·文法を習う良いモデルになると考えられる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 61권 0호
  • - 발행년도 : 2012
  • - 페이지 : pp.1-15 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2013-730-001973159
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232