글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 61권 0호

한국인 일본어 학습자와 일본어 모어화자가 작문에서 사용한 표현 문형의 비교

Use of Expression Sentence patterns in Compositions by Korean Learners of Japanese Compared with Japanese Native Speakers

조남성 ( Nam Sung Cho )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2012

- 간행물 : 일본어교육, 61권 0호

- 페이지 : pp.17-36 ( 총 20 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,000
논문제목
초록(한국어)
本稿では、韓國人日本語學習者と日本語母語話者の作文に使われた表現文型(構JLPT1·2級)を調べた。その主な結果は次のとおりである。 (1)作文での表現文型の使用傾向(使っているかどうか)は、學習者が2級の文型、母語話者が1級の文型が多い。 (2)學習者と母語話者の作文における表現文型の使用數を比べると、學習者より母語話者の方が多い。そして2級より1級の文型の方が多い。 (3)作文での表現文型の使用頻度別において、1·2級の文型で1回も使われていない文型の數は學習者のほうが多い。11個(使用頻度が高い)の場合は2級の文型に見られ、學習者より母語話者の方が若干多い。 (4)2級の文型において、學習者は[∼ように](148回)、[∼について/∼につき(×)/∼については/∼についても/∼についての](143回)、母語話者は[∼について/∼につき(×)/∼については/∼についても/∼についての](219回)、[∼によって/∼により/∼によっては/∼による/∼によると/∼によれば](153回)、[∼ように](150回)を多く使っている。そして、1級の文型において、學習者は[∼なりに](13回)、母語話者は[∼ならでは/∼ならではの](5回)を)多く使っている。一方、母語話者は使っているが學習者は使っていない2級の文型は32個(18.8%)、1級の文型は13個(13.1%)である。 (5)自由作文と課題作文の表現文型の使用傾向は、1·2級の文型とも兩者がほぼ同じである。 (6)表現文型の[飜譯による難易度]と「自由作文での使用傾向], [認知による難易度]と[自由作文での使用傾向]を比べると、その使用は[飜譯]と[認知]共に難易度の「下」の方が多い。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 61권 0호
  • - 발행년도 : 2012
  • - 페이지 : pp.17-36 ( 총 20 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2013-730-001973164
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232