글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 61권 0호

가고시마방언의 음절과 모라

Syllable and Mora in Kagoshima Dialect

이병훈 ( Byeong Hoon Lee )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2012

- 간행물 : 일본어교육, 61권 0호

- 페이지 : pp.69-83 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(한국어)
鹿兒島方言はモ―ラではなく、音節を數える音節方言(シラビ―ム方言)であり、東京方言のようなモ―ラ單位の等時性があらわれない。また、單語聲調に表れるピッチの決定においても、モ―ラは音韻單位として機能をせず、音節が重要な役割をする。そのため、鹿兒島方言ではモ―ラという音韻單位は必要としないとみなされてきた。確かに鹿兒島方言ではモ―ラではなく、音節が重要な音韻單位としての機能を擔っている。しかし、だからといって、モ―ラという音韻單位自體を必要としないわけではない。鹿兒島方言で、2モ―ラ語の母音融合にあらわれる長母音化や、開音節の單音節語に起る長母音化は、1モ―ラ以下の韻律語(prosodic word)を禁じる最小語制約によって發生する現像であり、外來語にあらわれる超重音節の再音節化や短母音化は、3モ―ラの音節を禁じる超重音節禁止制約に起因した現像である。最小語制約や超重音節禁止制約はモ―ラという單位を前提とした制約であり、鹿兒島方言でこのような制約が동くということは、當方言でも音節以外のモ―ラという單位を必要とすることを意味する。モ―ラ方言でモ―ラが重要な機能を擔っているが、音節という單位も必要とすることと同樣、音節方言の鹿兒島方言でも音節が重要な機能をしているが、モ―ラという音韻單位も必要なわけである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 61권 0호
  • - 발행년도 : 2012
  • - 페이지 : pp.69-83 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2013-730-001973199
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232