글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 62권 0호

日本語敎材における'ことわざ'の扱いに關する一考察

俵木はるみ

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2012

- 간행물 : 일본어교육, 62권 0호

- 페이지 : pp.37-51 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(한국어)
本硏究の目的は、日本語能力試驗(2001年~2007年)や高校の日本語敎科書に殆んど扱われていないことわざだが、韓國で出版されている日本語敎材において、どのことわざが、どれくらい、どのように扱われているのかを考察することである。中級以上の讀解敎材14冊から86件、會話敎材14冊から162件、合わせて248件のことわざが抽出された。それらのことわざがどのよう に扱われているか見るために4つに分類してみたが、最も多かったのが文中で「」にいれて使用されている形で94件、次に文 中の一つの語彙として使用されているのが64件、3番目は參考語彙として提示だけされているのが62件、題名として使用されて いるのは28件であった。 また敎材から抽出されたことわざが現在の日本で使用頻度、認知度、定着度、重要度の面から見てどのような位置にあるの か調べるために、psリストを使って分析した。その結果、抽出された248件から重複したものを除いた199件のことわざのうち、72. 4%にあたる144件が適格なものであることが明らかになった。そして重複して抽出されたことわざであるほど、psリストに入っている 確率が高くなっていることがわかった。しかし抽出されたことわざのうち、ps度數14度以內に入っていないことわざが55件あった が、これらはことわざと慣用句、或いはことわざと故事成語との境界線の近くにあるといえるだろう。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 62권 0호
  • - 발행년도 : 2012
  • - 페이지 : pp.37-51 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2013-730-001976690
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232