글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 63권 0호

BA번역의 언어간섭과 수용성에 대한 일고찰 -한일/일한 연설문번역 비교를 중심으로-

박미정

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 63권 0호

- 페이지 : pp.31-47 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(한국어)
今日のようなグロ-バル化、ボ-ダレス化時代を生きる人人は、マスコミを通じ、ほぼリアルタイムでリアルな國際ニュ-スに觸れることになる. 特に、海外で「東日本大震災」のような自然災害が發生すると、當事國以外の國でも被害が收まるまでにマスコミやメディアが災害關連ニュ-スを集中的に報道する. この際、ニュ-スのリソ-スはほとんど自國ではなく、被災當事國の言論機關になる場合が多い. このように記者などが情報源になる國の言語(外國語)を飜譯したり、參考にしたりする過程で國際ニュ-スを傳える自國語は必然的に言語干涉を受けることになる. 言語干涉を受けた自國語で作成された災害關連ニュ-スの報道がマスコミにより繰り返されるほど、國民の關連用語への露出頻度も高まる. その過程で、一部の用語は言語干涉の域を越えて自國語として定着したり、位置づけられることもある. 最初のうちは、この手の言葉に馴染んでなかったり、抵抗感を感じたりしていた言葉の使い手も、頻繁にさらされていくうちに、言語干涉された言葉への抵抗感は次第に薄れていく. この過渡期的な時期に行われる飜譯は、‘飜譯調’になったり、誤譯になったりしがちだ. 本稿は、このような問題意識に着目し、マスコミにより國際ニュ-スが頻繁に報道されると、關連用語へのBA飜譯にどのような影響を與えるかを言語干涉と受容性の觀點からアプロ-チしてみる. 具體的に演說文の日韓·韓日飜譯を比較·分析することにより、飜譯において言語干涉は無條件で‘飜譯調’や‘誤譯’につながると決めつける從來の考え方を見直し、言語干涉の過程を經て自然な自國語として移行していくプロセスに遡っていく新たな觀點を提供することを本硏究の目的とする.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 63권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.31-47 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2013-730-001976610
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232