글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 63권 0호

“전쟁”을 소재로 한 문학 텍스트의 해석적 방법 연구 -노사카 아키유키(野坂昭如)의 『전쟁동화집(戰爭童話集)』을 중심으로-

김명주

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 63권 0호

- 페이지 : pp.115-129 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(한국어)
本稿は、野坂昭如の『戰爭童話集』を中心に「文學」と「 歷史」の關係について考察したもので、特に戰爭を素材にした文學作品の 解釋學的方法論に焦点を合わせて考察した. 野坂の戰爭を素材にした童話テキストは、いわゆ「反戰」をテ-マにしているが、讀者によって屈折されるしかない事實に對して疑問を持ち、次の2つの点について考察した. 第一は、12編の話が全て「昭和20年8月15日」という冒頭で始められている点についてである. 日本國民には悲劇的な敗戰日である「昭和20年8月15日」が他の國で飜譯されると「1945年8月15日」というまた別の歷史的な時間대に變換されることで、「讀むこと」において明暗が食い違うしかないのである. つまり「敵」は米軍であり、被害者は幼い動物という敍事的圖式を提示しているため、多面的な意味を持つ‘太平洋戰爭’を素材にしている以上、生ずるしかない解釋的アイロニ-である. しかし、これは冒頭を通して敍事的空間を日本的な世界に制限しようとした作家の隱された意圖が生んだ結果であると見ることができる. 第二は、すなわち野坂は隱された比喩を試みているということがわかるため、これに對してフランク·カ-モ-ドの解釋學的方法論である部內者/部外者の理論を用いて考察した. 野坂は196、70年代の日本的政治狀況の中で、日米の政治首腦部を「部內者」にして、比喩としての童話を密かに書いていたのである. つまり「戰爭」そのものというよりは「戰後」という現在的視点に更に關心を持ち、政治的な觀點に立って「童話」を方法的として選選擇したために、解釋においても「反戰」の意圖は屈折していくしかないのである.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 63권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.115-129 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2013-730-001975037
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232