글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 64권 0호

한국인 일본어학습자의 「~ていただく」의 오용실태를 통한 효과적인 지도법

김용각

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 64권 0호

- 페이지 : pp.1-13 ( 총 13 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,300
논문제목
초록(한국어)
この硏究では韓國人日本語學習者を對象にした敬語敎育において間違いの多い表現のひとつである「~ていただく」表現について、具體的な誤用例の分析と共に效果的な指導法を提示している。まず、韓國人日本語學習者の誤用傾向は次のようである。第一、「~ていただく」と「お(ご)~いただく」形式を謙讓語表現と勘違いして一人?の行爲や動作を使っている。第二、相手の行爲や動作を表わす「お(ご)~いただく」表現を「お(ご)~ていただく」のように間違った使い方をする傾向が見られる。第三、「~ていただく」と「お(ご)~いただく」が依?表現として使用される場合、「~いただきたいです」「~いただけますか」「~いただけませんでしょうか」などの形で用いられるのだが、これを間違った使い方をする傾向がある。第四、「~させていただく」表現の誤用で、この表現は話者の行爲や動作に使う謙讓表現であるが、これを「お(ご)~いただく」表現と混同して使う誤用例が見られる。このような間違いを無くすための指導方法として、以下の4段階の指導法を提示している。1)「~ていただく」と「お(ご)~いただく」は「~てくださる」「お(ご)~くださる」とほぼ同じ意味で使われるということを學習者に認識してもらうことにより、「~ていただく」表現と「お(ご)~いただく」表現に熟れてもらう。2)「~ていただく」と「お(ご)~いただく」は「~てください」「お(ご)~ください」と同じく相手の動作や行爲に對して使うということを理解してもらう。3)「~ていただく」と「お(ご)~いただく」が依?表現として使用される時、基本形でなく「~いただきたいです」「~いただけますか」「~いただけませんでしょうか」のような形で用いられることを理解してもらう。4)「~させていただく」は話者自身の行爲にあたる「~する」を謙讓表現にしたものであるため、この場合は話者自身の行爲や動作が?るということを理解してもらう

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 64권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.1-13 ( 총 13 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2014-700-001471125
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232