글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 64권 0호

芥川龍之介『運』論

김희조

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 64권 0호

- 페이지 : pp.123-133 ( 총 11 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,100
논문제목
초록(한국어)
本作品は芥川の所謂王朝物に屬する作品で、大正六年一月の雜誌『文章世界』に發表された短篇である。物語は章立てなく、靑侍と陶器師との對話の中に、「西の市」で「績麻」の店をやっている女の話を?んで物語は構成されている。周知のように芥川の王朝物のほとんどが『今昔物語集』から材を借りているが、本作品も『今昔物語集』卷第十六の三十三「貧しき女?水の觀音に仕りて助けを得る語」に材を借りている。が、?作品が目指すテ?マは次元を異にしている。原典の作者は娘の運は全てが「觀音樣」へ願をかけた賜物として述べている。すなわち原典は「觀音樣」の靈驗を示した單なる?敎說話である。それに對して芥川は靑侍と陶器師とを作品に据えて、「觀音樣」の御利益をめぐって靑侍は「私なら、二つ返事で、授けて頂くがね。」とし、陶器師は「觀音樣へ願をかけるのも考え物だとな」としている。すなわち、お互いに食い違う見解を示している。芥川は靑侍と陶器師とを物語に据え、娘の運を以て信心の在り方をのである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 64권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.123-133 ( 총 11 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2014-700-001471130
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232