글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 64권 0호

日本人學部生と韓國人學部留學生の會話における協同構築

전종미

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 64권 0호

- 페이지 : pp.51-66 ( 총 16 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,600
논문제목
초록(한국어)
本硏究では、日本人學部生2名と韓國人學部留學生2名の會話にみられる協同構築に注目した。調査は3回にかけて行い、會話に?加した4人の調査對象者がいかに會話を作り上げていくのかを分析した結果、次のことがわかった。1.1回目の調査では、日本人學生が韓國人學生の日本語の言語訂正を行うことがみられた。また、日本人學生の韓國人學生に對する質問の發話が多いため、「質問-答え」の發話の連鎖が多くみられた。一人の韓國人學生が發話する際は、他の一人の韓國人學生が發話する?容を補いながら會話を進めることが?察された。2.2回目の調査では、「質問-答え」の發話以外に調査?加者4人ともに發話をし合うことが多くみられた。1回目の會話にみられた調査?加者間の協同構築が、單なるインフォ?メ?ションギャップを埋めるためのものであったことに比べ、2回目の調査では、より??な話題における感想や意見などの發話が多いことが特?であった。3.3回目の調査では2回目の調査と類似した協同構築の?子がみられた。また、調査對象者4人各?の共通点を見つけ、それに?する發話を積み重ねながら會話を展開していくという協同構築の仕方がみられた。4.以上の會話の協同構築の結果から、學習者の發話量、會話活動の構成、敎師の先入?、友達作りなど、敎室?外における日本語敎育の再考察の必要が窺われた。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 64권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.51-66 ( 총 16 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2014-700-001471201
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232